@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シナジー【しなじー】

知恵蔵

シナジー
シナジーは部分の総和+αのプレミアムが産み出される相乗効果のことであり、その源泉は相互補完関係など多岐にわたる。このシナジーの獲得を目的として多角化を中心とした事業の多様化が図られてきた。しかし、当初の意図とは逆に、シナジー効果は得られず、むしろ経営成果にマイナス効果が発生する事態が生じる。これがシナジーとは逆のアナジーと呼ばれるもので、経営の相乗効果であるシナジー効果を求める以上に、この経営の相互マイナス効果であるアナジーを回避することの重要性が認識されてきている。
(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

シナジー(synergy)
筋肉などの共動作用。または、薬品などの相乗作用。
経営戦略で、各部門の相乗作用を活用した効果として利益を生みだすこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

シナジー【synergy】
共同作用。相乗作用。
経営戦略で、販売・設備・技術などの機能を重層的に活用することにより、利益が相乗的に生みだされるという効果。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シナジー
synergy
本来は生理学用語で,2つ以上の筋肉神経刺激薬物などが協働的に作用して,相乗的な効果を生むこと。転じて企業活動における職能分担,いわゆる分業および専門化が個々の活動の合計以上の相乗効果を生むことをいう。たとえば一つの企業がそれまで別々に使用していた2つの技術を組合せて新製品を生み出せば技術上のシナジーが得られたことになる。また,複数の企業が提携してそれぞれの得意分野を組合せたシナジー効果をねらうこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シナジー
しなじー
synergy
元来は、全体的効果に寄与する共同・協力・合成の作用(たとえば1+1→3のようになる作用)をさす一般語。1960年代から経営学用語となり、特定生産資源の多面的利用によるシナジー効果の追求が、経営戦略について問題にされるようになった。その種類には、販売、操業、投資、管理の各シナジーがあって、たとえば、複数製品を単一流通経路で販売できれば、販売シナジーが生じる。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シナジー
〘名〙 (synergy) 全体的効果に大きく寄与するために行なわれる共同作用、共同活動。元来は生理・生物学用語で筋肉の共同作用をさす語だが、一般に「1+1」を「3」にするような相乗作用をもたらす協力、共同をいう。「販売シナジー」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シナジー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シナジーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation