@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シナントロプス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シナントロプス
Sinanthropus
中国,北京の南西郊,周口店の近くの石灰岩洞窟から発掘された化石人類北京原人。近年はホモ・エレクトゥス・ペキネンシス Homo erectus pekinensis という。1921年にヨハン・G.アンダーソンが動物の骨を,また 1923年に O.ズダンスキーが 2本の歯を発見した。その後 1928年から裴文中らによって 14個の頭骨,11個の下顎骨片,歯,四肢骨などが発掘された。この骨の発見は世界的に注目され,デービッドソン・ブラックやフランツ・ワイデンライヒによって詳細に研究された。頭骨は厚く頑丈で,眼窩上隆起や後頭隆起は強く発達し,額は低いが,ピテカントロプスよりは高い。突顎で,はなく,歯は大きいが,犬歯は突出していない。脳容量は約 1000cm3と推定される。出土した四肢骨は多くないが,現生人類との差異は少なく,完全な直立二足歩行が可能であったと思われる。ほかに更新世中期のゾウ,サイ,ケンシコなどの大型動物化石が多数発見されている。年代は,約 77万年前から約 23万年前まで。文化的には,独自の周口店文化というやや原始的な前期旧石器時代の文化をもち,またの使用が初めて認められたことでもよく知られる。ピテカントロプスなどとともに原人類に属する。1941年12月太平洋戦争勃発とともに,これらの化石標本は行方不明となってしまったが,戦後再開された発掘調査で新たな骨も見つかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シナントロプス【Sinanthropus】
中国の北京市南西郊にある周口店遺跡の第1地点(中国では猿人洞という)で発見された化石人類。北京原人ともいう。周口店の遺跡はスウェーデンの地質学者J.G.アンダーソンによって発見され,1927年からロックフェラー財団援助で発掘がおこなわれた。第1年目に発見されたのは下顎の左の大臼歯1本だけであったが,北京の協和医学院の解剖学教授であったカナダの人類学者D.ブラックは,この歯が大きさ,形,エナメル質の厚さ,髄腔の広さなどの点で現代人とは異なることを認め,シナントロプス・ペキネンシスSinanthropus pekinensisという名称を提唱した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シナントロプス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シナントロプスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation