@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シニョレリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シニョレリ
Signorelli, Luca
[生]1445./1450. コルトナ
[没]1523.10.16. コルトナ
イタリアの画家。フルネーム Luca d'Egidio di Ventura de' Signorelli。ピエロ・デラ・フランチェスカ弟子で,ポライウオロ兄弟の影響も受けたといわれる。裸体人物と劇的姿勢で知られ,大胆に肉づけされた人物は,人体の運動や人物の感情をも表現している。代表作であるオルビエト大聖堂サン・ブリツィオ礼拝堂のフレスコ画『世界の終末』と『最後の審判』は,ミケランジェロに大きな影響を与えたといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シニョレリ(Luca Signorelli)
[1445ころ~1523]イタリア画家。厳格な画面構成と力動的な人体表現で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シニョレリ【Luca Signorelli】
1445ころ‐1523
イタリア,ウンブリア派の画家。コルトナCortona生れ。ピエロ・デラ・フランチェスカ師匠と考えられているが,最初のサインのある《キリスト鞭打ち》と《聖母子》では誇張した筋肉描写と暗褐色の使用がすでにみられ,ポライウオロの画風に近づいている。代表作はオルビエト大聖堂のサン・ブリツィオ礼拝堂の壁画連作で,1499年に依頼され,世界の終末,キリストの敵の到来滅亡,および最後の審判を,鮮烈なリアリズムにより描き出している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

シニョレリ
(Luca Signorelli ルカ━) イタリアの画家。通称ルカ=ダ=コルトナ。裸体群像の動的表現にすぐれ、ルネサンス黄金期への橋渡しとなる。代表作はオルビエト大聖堂の壁画連作「世界の終末」。(一四四五頃‐一五二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シニョレリ
しにょれり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シニョレリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シニョレリの関連情報

関連キーワード

ケイドベネチアーノ細川勝元クリストゥスピエロ・デラ・フランチェスカ万里小路時房エーベルハルト5世ネッリピエロ・デッラ・フランチェスカウェールズ文学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation