@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シネマスコープ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シネマスコープ
CinemaScope
大型映画の一種。シネスコともいう。 1920年代にフランスで発明されていたのを 20世紀フォックス社が開発したもので,1台の映写機シネラマと同じ効果が出せる。縦横の比は1:2.35。第1回作品『聖衣』 The Robe (1953) は大ヒットし,各映画会社も競ってシネマスコープ方式を採用するようになった。この方法は普通の 35ミリフィルムと撮影機を使い,アナモフィック・レンズで映像を縦長に圧縮し,映写のときアタッチメントを使って横に広げる。その簡便さが人気を呼び,シネスコ映画の全盛時代を迎えた。現在は超大作以外はすべてシネスコ・レンズで撮影され 70ミリにプリントされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シネマ‐スコープ(CinemaScope)
ワイドスクリーン映画の一。特殊な円柱レンズを用いて横幅を圧縮して撮影した画像を、映写の際に横に拡大映写するもの。スクリーンの縦横の比率は1対2.35。1953年、米国で実用化。シネマスコープサイズ。シネスコ。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しねますこーぷ【シネマスコープ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シネマスコープ【CinemaScope】
ワイドスクリーン映画の一種。撮影の際、円柱レンズを用いて画像の横幅を圧縮して撮影し、映写時に再び特殊レンズを用いて画面縦横比1対2.35(普通は3対4)に拡大映写するもの。シネスコ。商標名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シネマ‐スコープ
〘名〙 (二〇世紀フォックス社の商標名Cinema Scope) 大型映画の方式の一つ。かまぼこ型の歪像レンズ(アナモーフィックレンズ)を用いて、フィルムに普通映画の約二倍の範囲を圧縮撮影し、縦横の比が一対二・五五の大型スクリーンに映写する。一九五三年、アメリカで発表された。シネスコ。
※彷徨(1955)〈丹羽文雄〉「まっすぐに映画館にはいった。シネマスコープを見るためである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シネマスコープ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シネマスコープの関連情報

関連キーワード

グローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレードギガナビスナビスボロゲセス3世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation