@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シネマ・コンプレックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シネマ・コンプレックス
cinema complex;cineplex
通常,単一の建物や場所に,ミニシアターを中心とするいくつかの劇場が同居している形態をいう。欧米で,大劇場の後退を背景に,映画館の小規模化と連動するように登場してきた。入場券売り場やロビーを共通にでき,さらに全自動映写機を備えれば映写室も一つでよく,経営側の経済的負担が少ない。日本でも,このような複合形式を採用する映画館や文化施設が相次いで誕生してきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シネマ・コンプレックス
しねまこんぷれっくす
一つの建造物の中に複数の映画上映場をもつ施設をいう。略称シネコン。日本にシネマ・コンプレックスが生まれたのは1993年(平成5)である。この年、神奈川県海老名(えびな)の7スクリーンほか、岸和田(きしわだ)の8スクリーン、高岡の6スクリーンと、合わせて21スクリーンが開場した。ちなみにシネマ・コンプレックスという呼称は日本特有のもので、発生地のアメリカでは、マルティプレックス・シアターとよばれている。
 シネコンはアメリカで、広大な駐車場をもった映画上映施設として生まれ、発展した。日本では郊外のスーパーマーケットと提携する形でシネコンが生まれた。つまり、映画館はスーパーマーケットの駐車場を利用し、スーパーマーケットは映画を見にくる客の購買力に期待したわけで、このねらいは成功した。
 このシネコンは、日本の映画業界を復活させる役割を果たした。それまで、限りない観客の減少に悩んでいた映画が、1993年には、1億3072万人の観客を動員し、前年に比べて512万人、4.1パーセントの増加を記録した。それから11年、2004年のシネコンは、約2800に増え、日本全国の映画上映場の65パーセントを占めるまでになった。もちろん、郊外だけにとどまらず、都市の中心部でもシネコン型の上映施設が増加している。郊外型シネコンは、会社員が帰宅してから家族と車で近くのシネコンに出かけられる利点がある。シネコンは、日本の映画観客の増加に大きな役割を果たしているといえよう。
 シネコンは、1か所に複数の上映場があることから、観客はいろいろな作品を選択して見ることができる。その反面、大ヒット映画が出ると、いくつもスクリーンでその作品を上映するため、ほかの作品がその犠牲になって上映されなくなることがある。それがシネコンの大きな問題点であろう。[品田雄吉]
『『映画ビデオイヤーブック』(1994・キネマ旬報社) ▽『キネマ旬報』(各年度2月下旬決算特別号・キネマ旬報社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シネマ・コンプレックス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シネマ・コンプレックスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation