@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャクシャイン

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

シャクシャイン
?-1669 17世紀中ごろのアイヌの指導者。
東蝦夷(えぞ)シブチャリ地域(北海道静内)の首長。1669年和人中心の交易政策をすすめる松前藩に抗して蜂起(ほうき),2ヵ月におよぶ全アイヌ民族的な戦い(シャクシャインの戦い)に発展。同年11月16日(寛文9年10月23日)和議成立の祝宴殺された。名はシャムクシャインとも。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しゃくしゃいん【シャクシャイン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャクシャイン
[生]?
[没]寛文9 (1669).10.23. 新冠
シベチャリ(染退。今日の北海道新ひだか町西・北部)のアイヌの首長。シャムクシャインなどとも呼ばれ,沙牟奢尹などと記される。寛文9(1669)年,近世最大のアイヌの蜂起であるシャクシャインの戦いを主導した。慶安1(1648)年,メナシクル(アイヌ語で東の人の意)のシベチャリの副首長であったとき,漁猟場をめぐる争いからシュムクル(西の人の意)のハエ(今日の日高町南部)のアイヌを殺害,これをきっかけに東西アイヌの対立が深まった。承応2(1653)年,シベチャリの首長カモクタインがハエの首長オニビシに殺されたため,シャクシャインが首長となった。明暦1(1655)年,蝦夷地を治めていた松前藩の調停によりオニビシと講和したが,寛文8(1668)年シャクシャインらがオニビシを奇襲して殺害。同 9年,シュムクル側は使者を通じ松前藩に援助を求めたが拒否され,この使者の死が松前藩による毒殺であるという風聞が伝わったことを機に,シャクシャインは松前藩との戦いをシュムクルに呼びかけた。当初はアイヌ内部の抗争であったものが,一挙に対松前藩の戦いへと展開し,同 9年6月,東西蝦夷地のアイヌが一斉に蜂起,商船の船頭や鷹匠など和人 273人(355人などとする説もある)を殺害した。しかし鉄砲(→火縄銃)など軍事力でまさる松前藩の反撃によりアイヌの勢力は衰え,賠償とシャクシャインらの助命という条件で和議が設けられたが,シャクシャインは酒宴の席で松前藩側に殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャクシャイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャクシャインの関連情報

関連キーワード

クレメンス9世シャクシャインの戦石田未得ピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得エトナ山黄檗版

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation