@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャトーブリアン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャトーブリアン
Chateaubriand, François-René, vicomte de
[生]1768.9.4. イルエビレーヌ,サンマロ
[没]1848.7.4. パリ
フランスの小説家,政治家。ブルターニュの古い貴族の家に生れた。フランス革命によって陸軍少尉の地位を失い,1791年単身アメリカに渡り,帰国後,反革命軍に参加,負傷してイギリスに亡命 (1793) 。 1800年に帰国し,ナポレオンのもとで公職についたが相いれず,04年辞職。王政復古とともに政界へ復帰,上院議員,イギリス駐在大使,外務大臣などを歴任した。主著は『キリスト教精髄』 Le Génie du christianisme (1802) で,ことにその一部である小品『アタラAtala (01) および『ルネ』 Renéは名高い。ほかに死後出版された『墓の彼方の思い出』 Mémoires d'outre-tombe (48~50) など。色彩豊かな描写と情熱的な雄弁体によって,ロマン主義に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャトーブリアン(〈フランス〉chateaubriand)
ヒレ肉の最上部位。また、それをあるいは鉄板の上で焼いた料理。作家シャトーブリアンコックが工夫したという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトーブリアン(François René de Chateaubriand)
[1768~1848]フランスの小家・政治家。ロマン主義文学の先駆者。代表作「キリスト教精髄」、小説「アタラ」「ルネ」、自伝墓の彼方の回想」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

シャトーブリアン【chateaubriand/châteaubriant(フランス)】
牛肉の部位の名称の一つで、ヒレの中央の太い部分。また、その部位のステーキ。◇フランスの作家・政治家で、美食家としても知られるフランソワシャトーブリアン(Chateaubriand)の料理人モンミレイユが考案し、この名をつけたとされる。また、畜産物の集積地シャトーブリアン市(Châteaubriant)に由来するという説もある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャトーブリアン【Châteaubriant】
フランス西部,ロアール・アトランティク県の町。人口1万4415(1982)。中世以来の古い歴史をもち,1551年アンリ2世によるシャトーブリアン勅令は,プロテスタントに対する弾圧を指示したものとして名高い。また第2次世界大戦下の1941年10月,在仏ドイツ軍将校が襲撃殺害された報復に,この地で27人の身代りが銃殺され,以後,シャトーブリアンの犠牲者の名は,対ドイツ・レジスタンスを象徴するものともなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シャトーブリアン【François‐René,vicomte de Chateaubriand】
1768‐1848
フランスの作家,政治家。ロマン主義文学の先駆者といわれる。ブルターニュ半島北岸サン・マロの貴族出身。1791年,フランス革命の渦中にあった祖国を後にして,北米に渡り,新大陸の風土から強い印象を受けた。92年,帰国して反革命軍に投ずるが,負傷してロンドンに亡命。1800年,フランスに帰り,《アタラ》(1801)および《キリスト教精髄》(1802)を発表した。前者は,北米大陸の自然を背景にインディアン悲恋を描き,後者は主として美的な立場からキリスト教を擁護したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャトーブリアン【chateaubriand】
牛ヒレ肉の最良のところを網焼きにしたもの。小説家のシャトーブリアンのコックが作り出したといわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトーブリアン【François René de Chateaubriand】
1768~1848 フランスの小説家・政治家。護教論「キリスト教の精髄」の挿話である小説「アタラ」「ルネ」はロマン主義文学の出発点、世紀病の原型とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シャトーブリアン
[1] (François-René de Chateaubriand フランソワ=ルネ=ド━) フランスの作家、政治家。フランス‐ロマン主義文学の創始者。カトリック教主義を思想的基盤とする。代表作は中編「アタラ」「ルネ」を含む「キリスト教精髄」。(一七六八‐一八四八
[2] 〘名〙 (chateaubriand) 西洋料理の名。ヒレ肉の頭に近いところを網で焼いたステーキ。(一)のコックが工夫したところからといわれる。
※古川ロッパ日記‐昭和一三年(1938)五月六日「シャトブリアンとアティショーの煮たのと菓子」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シャトーブリアン
François-René de Chateaubriand
1768〜1848
フランス−ロマン主義の文学者・政治家
『アタラ』(1801),『キリスト教精髄』(1802),『ルネ』(1802)を発表して知られ,王政復古期には各国大使・外相として活躍。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトーブリアン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャトーブリアンの関連情報

関連キーワード

ブルース(James Bruce)斑糲岩クチュクカイナルジ条約グラフトン(公)バール連盟露土戦争アークライトエカチェリーナ(2世)食込ラボアジエ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation