@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャドー・キャビネット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャドー・キャビネット
shadow cabinet
影の内閣と訳されている。イギリスにおいて行われている政治慣行であって,野党政権を握った場合を想定して内閣を組織し,主務大臣がそれぞれの専管事項について政府に対する質疑討論を担当する。影の内閣のつくり方は保守党労働党とでは違っている。保守党の場合は,党首が自己の責任のもとに閣僚を任命する。そして党組織上,このの内閣は諮問委員会 Consultative Committeeと呼ばれている。また労働党の影の内閣は,議会労働党によって選出される。党組織上,これは議会委員会 Parliamentary Committeeと呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャドー・キャビネット
しゃどーきゃびねっと
shadow cabinet
政権を担当する力量のある二大政党制の発達しているイギリスで、野党内に設けられた党幹部による会議体の俗称。影の内閣と訳されている。野党では、首相(党首)以下、政府各省の構成に倣って所轄事項を担当する影の各閣僚を決め、内閣と同様に定期的に会議を開き、党独自の政策、議会対策などを協議決定する。政府批判、政権獲得の準備など、野党の政治機能を果たすうえでその基幹となるものである。政府与党もシャドー・キャビネットに対しては必要な情報を提供する慣習がある。この制度は1876年に始まり、1907年保守党のA・チェンバレンが初めてシャドー・キャビネットということばを使ったといわれる。日本でもイギリスに倣って野党第一党が、シャドー・キャビネットを組織したことがある。「社会党シャドーキャビネット」(日本社会党、1991年)、「明日の内閣」(新進党、1994年)、「次の内閣」(民主党、1999年)、「シャドーキャビネット(影の内閣)」(自由民主党、2010年)などである。[小松 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャドー・キャビネット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャドー・キャビネットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation