@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャノアーヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャノアーヌ
Chanoine, Charles Sulpice Jules
[生]1835.12.18. ディジョン
[没]1915.1.9. ボードマン
フランスの軍人。江戸幕府が招いたフランス陸軍軍事教官団の団長として,将校4人,下士官 10人の団員を率い,慶応3 (1867) 年1月 13日に来日,幕府陸軍の改革にあたり,鳥羽・伏見の戦いののちは陸軍総裁勝海舟に対し,主戦論を説いた。明治1 (68) 年に離日。滞日時代は大尉。 1889年陸相となったが,ドレフュス事件のために辞職

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

シャノアーヌ Chanoine, Charles Sulpice Jules
1835-1915 フランスの軍人。
1835年12月18日生まれ。幕府がフランスとむすんだ陸軍教官招聘(しょうへい)の契約により,慶応2年(1866)第1次軍事顧問団長として来日。横浜,江戸歩兵砲兵騎兵の編制,教育にあたる。幕府瓦解後の明治元年帰国。のち陸相になるが,ドレフュス事件再審に反対して辞職。1915年1月29日死去。79歳。ディジョン出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

シャノアーヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャノアーヌの関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法ズーフトムソンビーダー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation