@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャモニー・モンブラン【しゃもにーもんぶらん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャモニー・モンブラン
しゃもにーもんぶらん
Chamonix-Mont-Blanc
フランス南東部、オート・サボア県の町。西部アルプスモンブラン北麓(ほくろく)のシャモニーの谷にあり、アルプス観光とウィンタースポーツの中心地、モンブランの登山基地。人口9830(1999)。標高1037メートル。アルブ川が市内を流れ、アルプス最高峰モンブラン(4808メートル)をはじめとする高山が北から東にかけてそびえ立つ。長大なモンブラン・トンネルを経て、自動車道路がイタリア側のクルマユールに通じ、エギュイーユ・デュ・ミディ山などへはロープウェーの便がある。アルプス最大の氷河メール・ド・グラスを含む氷河群が、谷間の耕地付近まで下りている。土壌は肥沃(ひよく)でないが、よく耕され、穀物、亜麻(あま)、ジャガイモを産する。高地の牧草地(アルプ)には家畜が放牧される。国立スキー登山学校がある。第1回冬季オリンピック(1924)開催地。[大嶽幸彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャモニー・モンブラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャモニー・モンブランの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation