@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャルグラン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャルグラン
Chalgrin, Jean-François-Thérèse
[生]1739. パリ
[没]1811.1.21. パリ
フランスの建築家。エティエンヌ=ルイ・ブレ弟子で,フランス・パラディオ主義建築の代表者の一人。 1764年にローマのバシリカ式聖堂にならって,パリのサン・フィリップ・デュ・ルール聖堂を設計し,古典主義建築家の地位を固めた。そのほかコレージュ・ド・フランス (1778) ,リュクサンブール宮殿 (1803~07) ,オデオン座 (1807) の増改築に活躍し,死後完成したパリの凱旋門 (エトアール凱旋門,1806~36) の設計者として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャルグラン
しゃるぐらん
Jean-François Thérèse Chalgrin
(1739―1811)

フランスの新古典主義建築家。パリに生まれ、ブレーやイタリア人セルバンドニGiovanni Nicolò Servandoni(1695―1766)に師事する。ローマ大賞を受賞して、1758~63年ローマに留学、帰国後はパリで活躍し、サン・フィリップ・デュ・ルール聖堂(1769~84)、サン・シュルピス聖堂の北塔(1777)、リュクサンブール宮改築(1795~1805)など、新古典主義の重要な作品を残した。とくに名高い代表作は、1806年に着手し、死後の36年に完成したエトアール凱旋(がいせん)門である。

[篠塚二三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャルグラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャルグランの関連情報

関連キーワード

クライスト霊空ペシェッティエトアール凱旋門村田春郷エトアール凱旋門オブラドビッチプラド美術館ベックマンビリャヌエバ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation