@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャルル・ダンジュー

世界大百科事典 第2版

シャルル・ダンジュー【Charles d’Anjou】
1226‐85
フランス王ルイ8世の子。アンジューメーヌ。結婚によってプロバンスを獲得してさらにピエモンテ勢力を拡大。ホーエンシュタウフェン家(シュタウフェン朝)と対立している教皇庁からシチリア王位を与えられ(1259),イタリアに南下してベネベントでフリードリヒ2世の子マンフレディを破って南イタリアの支配権を得た(1266)。彼はイタリアと南フランスを基盤に大地中海帝国を建設する野心を抱き,兄のルイ9世(聖ルイ)とともにチュニスを攻撃し(1270),コルフ島ドゥレスを征服してアルバニア王,エルサレム王を称した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シャルル・ダンジュー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャルル・ダンジューの関連情報

関連キーワード

ルイ[9世]アルビジョア十字軍キリスト教系教会京都朝鮮第一初級学校授業妨害事件九条頼経謝枋得専修寺フランチェスコ僻案抄無学祖元

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation