@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャン=ド=マルス事件【シャン=ド=マルスじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャン=ド=マルス事件
シャン=ド=マルスじけん
Fusillade du Champs-de-Mars
フランス革命初期の人民弾圧事件。 1791年6月国内外の反革命の動きのなかで国王ルイ 16世はパリをひそかに脱出して国外逃亡をはかったが,バレンヌにおいて捕えられ,送還された。パリの民衆は王の退位を要求してシャン=ド=マルス (練兵場) に集合した (1791.7.17.) が,議会の多数を占めるフイヤン・クラブは王の無罪を主張,その指示を受けたラ・ファイエットの国民衛兵軍は無警告で民衆に発砲し多数の死者を出した。この事件後ピルニッツ宣言が発せられてフランス革命に対する神聖ローマ帝国とプロシアの武力干渉が示唆された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャン=ド=マルス事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャン=ド=マルス事件の関連情報

関連キーワード

フランス革命史(年表)総合年表(アメリカ)モーツァルトフイヤン派立法議会フランス史(年表)真珠岩フーイヤン・クラブロワー・カナダ合衆国銀行

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation