@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャンデリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャンデリア
chandelier
装飾を施した豪華な集合灯。天井からつるして用いる。発生はヨーロッパ中世に用いられたろうそく立てで,宮廷文化の発達などに伴い,次第に美術的な意匠が施されるようになった。後世にはろうそくに代って電灯が用いられ,木,金属ガラスなどを用いて趣向を凝らした装飾が施されている。広間などの照明には必須とされているほか,一般用にも簡易なものが用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャンデリア(chandelier)
洋間の天井からつり下げる装飾的な照明器具。ガラスなどの台に多くの電球を組み合わせたものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

シャンデリア
灯火を支持するための2本以上の腕木を有し、天井からつり下げられた照明器具。他の天井吊り下げ式照明器具より非常に重たいため、通常は天井から鎖などで懸架するか、あらかじめ天井に設置されている引掛シーリング・ローゼットに直接取り付ける。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

シャンデリア
オーストラリアの女性シンガーソングライター、シーアの曲。2014年発売のアルバム「1000 フォームズ・オブ・フィアー」収録曲。原題《Chandelier》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャンデリア【chandelier】
照明器具の一種。フランス語ではシャンドリエと読み,chandelle(ろうそく)を立てて使うものという意味であるが,chandelleの語源ラテン語のカンデレcandere(輝く,明るくする)に発しており,キャンディレブラム(多枝灯)やカンテラ(手提灯)と同種派生語。広くろうそくを立てて使う燭台を意味するが,日本ではシャンデリアが意味するものはそれとは異なり,天井より吊り下げて使う多灯型照明具を指している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャンデリア【chandelier】
ガラスや金属などで華やかに装飾した室内灯。普通、天井からつり下げる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

シャンデリア【chandelier〈フランス〉】
洋室の天井から吊るす装飾の付いた照明器具。ろうそく形のシャンデリア電球を用いるものが多い。◇「ろうそくを立てて使うもの」という意。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャンデリア
しゃんでりあ
chandelier
室内照明器具の一形式で、多灯式の吊下(つりさ)げ灯をさす。語源は、古代の吊り灯を意味するラテン語candelabrumである。今日では一般に、装飾性の強い、分岐式の多灯天井灯に用いられる。[友部 直]

歴史

シャンデリアの祖形としては、複数のオイル・ランプを木枠などに固定して吊り下げた形式が想定されるが、遺例は現存しない。ヘレニズム時代に、照明器具が室内装飾としても重視されるようになり、装飾的な吊り灯形式の照明が発達した。ポンペイ出土の照明器具のなかには、架台に吊って用いられたブロンズ製のさまざまな形式のものがあり、後世のシャンデリアへの発展の一段階を示す。ローマ時代から中世にかけては、土製、ガラス製のランプを吊り下げることも広く行われた。中世には、オイル・ランプに加えてろうそくも普及し、シャンデリアの形式にも重要な影響を与えた。とくに16世紀以降、世俗的な君主や富裕な市民たちは、宮殿や邸宅の広間を豪華なシャンデリアで飾った。この傾向は、18世紀フランスのロココ様式においてその頂点に達し、芸術的にもきわめて優れたものが生まれた。
 当時もっとも高く評価されたものはベネチア産のガラス製シャンデリアであり、各国の宮廷は競ってこれを用いた。透明ガラスのドロップ(垂れ飾り)を活用し、光の反射と屈折による壮麗な空間を演出している。また、ドイツのマイセンやイタリアのカポ・デ・モンテなど高級磁器の製作地は、磁器製シャンデリアの生産にも進出し、名声を得た。19世紀以降、電灯が導入されたが、シャンデリアの基本形式はさして変わらず、とくに劇場、ホテル、宴会場など、娯楽性や趣味性の強い大空間の照明に大きな役割を果たしている。[友部 直]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シャンデリア
〘名〙 (chandelier 語源はchandelle (ろうそく)) 天井からつり下げた装飾的照明器具。一四世紀頃ろうそくを立てる照明器具として発達。木製、金属製を経て、現在はガラスや水晶に多くの飾り電灯を組み合わせたものが多い。
※中外商業新報‐明治四一年(1908)二月八日「中央に釣りあるシャンデリヤ燈は水晶宮もかくやとばかり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャンデリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャンデリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation