@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャーウッド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャーウッド
Sherwood, Robert Emmet
[生]1896.4.4. ニューヨーク,ニューロシェル
[没]1955.11.14. ニューヨーク
アメリカの劇作家。ハーバード大学在学中に第1次世界大戦に従軍。その後,新聞,雑誌に関係したのち,戦争風刺をこめた処女作『ローマへの道』 The Road to Rome (1927) で注目されるようになり,『化石の森』 The Petrified Forest (35) ,『愚者の喜び』 Idiot's Delight (36) ,『イリノイのエイブ・リンカーン』 Abe Lincoln in Illinois (38) ,『もはや夜は来たらず』 There Shall Be No Night (40) などの秀作を次々に発表,最後の3作はいずれもピュリッツァー賞を受賞。第2次世界大戦中は創作を中断して陸軍情報局に勤務し,また F.D.ルーズベルトの演説を書いた。この期の体験はのちに『ルーズベルトとホプキンズ』 Roosevelt and Hopkins (48) に結実して,伝記部門でピュリッツァー賞を得た。ほかに映画シナリオでアカデミー賞を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャーウッド(Robert Emmet Sherwood)
[1896~1955]米国劇作家。反戦的な作品が多い。戯曲ローマへの道」「白痴の喜び」、映画脚本「我等の生涯の最良の年」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャーウッド【Robert Emmet Sherwood】
1896‐1955
アメリカの劇作家。風刺的な喜劇から出発してしだいに深刻な内容の劇に転じた。体制に順応しない人物の運命を描いた《化石の森》(1935年初演,1936年A.メーヨー監督で映画化),西洋文明の破滅をとらえた《白痴の喜び》(1936年初演,1939年C.ブラウン監督で映画化),青年時代のA.リンカンを主人公にした《イリノイのエーブ・リンカン》(1938年初演,1939年J.フォード監督で映画化《若き日のリンカーン》)などを発表。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャーウッド【Robert Emmet Sherwood】
1896~1955) アメリカの劇作家。反ファシズム、ヨーロッパ文明の否定を基調とした作品が多い。「白痴の喜び」「イリノイ州のリンカーン」「もはや夜はあらじ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャーウッド
しゃーうっど
Robert Emmet Sherwood
(1896―1955)
アメリカの劇作家。ニューヨーク生まれ。ハーバード大学在学中に第一次世界大戦が起こったため中退。カルタゴの将軍ハンニバルのローマ進撃を扱った喜劇『ローマへの道』(1927)でデビューしたあと、第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)をめぐるさまざまな人間の反応を描いた『愚者の喜び』(1936)などの作品を通じて戦争批判の姿勢を示した。そのほか、激動する社会状況のもとで挫折(ざせつ)する人間をメロドラマ風に描いた『化石の森』(1935)、ロシアのフィンランド侵略と自由主義思想の関係を扱った『夜はもうこない』(1940)、青春時代のリンカーンを描いた『イリノイ州時代のリンカーン』(1938)を発表。ほかに伝記『ルーズベルトとホプキンズ』(1948)、アカデミー脚本賞を受けたW・ワイラー監督の映画『我等(われら)の生涯の最良の年』(1946)のシナリオがある。ピュリッツァー賞を四度受賞している。[有賀文康]
『村上光彦訳『ルーズヴェルトとホプキンズ』全2巻(1957・みすず書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シャーウッド
(Robert Emmet Sherwood ロバート=エメット━) アメリカの劇作家。社会的因習の拒否、平和主義的傾向が作品に一貫して流れているのが特色。代表作「白痴の悦び」「化石の森」「夜にはさせじ」。一九四八年「ルーズベルトとホプキンズ」で四度目のピュリッツァー賞受賞。(一八九六‐一九五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーウッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャーウッドの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

「シャーウッド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation