@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャーマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャーマン
Sherman, James Schoolcraft
[生]1855.10.24. ニューヨークユティカ
[没]1912.10.30. ニューヨーク,ユティカ
アメリカの政治家。 1879年ユティカで弁護士。 84~85年ユティカ市長。 87~91,93~1909年連邦下院議員。共和党指導部に接近し 1895,1900,08年の共和党全国大会議長。 W.タフト大統領のもとで,09~12年副大統領。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
Sherman, John
[生]1823.5.10. オハイオ,ランカスター
[没]1900.10.22. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。南北戦争に活躍した北軍の将軍。 W.シャーマンの。初めホイッグ党に属し,のち共和党結成に参加。 1855~61年連邦下院議員。 61~77年連邦上院議員。再建時代の財政政策を指導。 77~81年 R.ヘーズ大統領時代の財務長官。 90年反トラスト法,銀購入法を立案。「シャーマン反トラスト法」は 80年代以降顕著になった各産業の独占に対する規制立法として 87年の州際取引法とともに著名である。のち上院の外務委員会委員長,97年 W.マッキンレー大統領のもとで国務長官をつとめたが,病気のため辞任

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
Sherman, Roger
[生]1721.4.19. マサチューセッツ,ニュートン
[没]1793.7.23. コネティカット,ニューヘーブン
アメリカの政治家。独立宣言署名者の一人。 1775年第2回大陸会議へのコネティカット代表。連合規約起草委員。合衆国憲法制定会議で大邦 (→バージニア案 ) と小邦 (→ニュージャージー案 ) の対立に際し,小邦を満足させるために,議会の1院では人口比例代表制をとり,他の1院は人口に関係なく諸邦平等とする,また大邦を満足させるために,歳出入に関する法案提出権は,人口比例代表制の院に限るという「コネティカット妥協案」を提案し分裂の回避に尽力した。コネティカット参事会員 (1766~85) ,ニューヘーブン市長 (84~93) ,連邦下院議員 (89~91) ,連邦上院議員 (91~93) を歴任連邦派に属した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
Sherman, Stuart Pratt
[生]1881.10.1. アイオワ,アニータ
[没]1926.8.21. ミシガン,マニスティ
アメリカの批評家,編集者。ウィリアムズ・カレッジ,ハーバード大学に学んだあと,ノースウェスタン大学,次いでイリノイ大学 (1907~24) で教鞭をとった。バビットらの新ヒューマニズムの影響下に保守的な立場からドライサー,メンケンらを激しく攻撃したが,その後は次第に柔軟な批評態度に変り,1924年『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン』紙の文芸主幹となった。主著『マシュー・アーノルド』 Matthew Arnold: How to Know Him (1917) ,『現代の文学』 On Contemporary Literature (17) ,『主潮』 The Main Stream (27) ,『アメリカの情緒的発見』 The Emotional Discovery of America (32) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
Sherman, William Tecumseh
[生]1820.2.8. オハイオ,ランカスター
[没]1891.2.14. ニューヨーク
アメリカの陸軍軍人。 1861年南北戦争開始の際,北軍士官となり,8月陸軍准将。自己の戦闘指揮能力に絶望してノイローゼになり,精神異常とみなされたが,U.グラント将軍のもとで 62年4月6~7日シャイローの戦い作戦を立て,64年3月南西部方面軍司令官。9~10月アトランタからジョージアに向い,徹底的な焦土作戦を行なってジョージア地方一帯を制圧。 65年2月サウスカロライナ州に入り,4月グラント将軍とともに南軍の R.リー将軍を降伏させた。戦後 69年グラント大統領のもとでアメリカ陸軍総司令官をつとめ,82年まで在職

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
shaman
巫師ともいう。シャーマンという語はツングース語呪術師をさす samanに由来するといわれ,広義には巫女霊媒も含む。超自然的存在に憑かれ,恍惚状態において霊界とのコミュニケーションをはかり,格を統御し,人間や自然の状態を変えようとする働きをする者で,世界に広く分布している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
Sharman, Bill
[生]1926.5.25. テキサス,アビリーン
アメリカ合衆国のバスケットボール選手,監督。本名 William Walton Sharman。フリースローと長距離シュートの名手。 1950年南カリフォルニア大学卒業後,野球とバスケットボールの両方でプロ選手としてプレーしたが,バスケットボールに専念するため 1955年大リーグのブルックリン・ドジャーズを退団。 1950~51年NBAのワシントン・キャピトルズに所属し,その後ボストン・セルティックスに 1961年に引退するまで 10年間在籍した。在籍した最後の5シーズンのうち4シーズンで NBA優勝を果たした。フリースロー成功率はレギュラーシーズン通算 88.3% (3557投中 3143本) ,プレーオフ通算 91.1% (406投中 370本) で,ともに NBA歴代記録を樹立 (レギュラーシーズンの記録はその後破られた) 。 1958-59年シーズンには1シーズン成功率 93.2%の NBA記録を達成,その翌シーズンのプレーオフではフリースロー連続成功 56本という記録も打ち立てた。現役引退後は監督として活躍,1971-72年シーズンにロサンゼルス・レイカーズを NBA優勝に導き,1972年 NBA最優秀監督賞に輝いた。同シーズン,レイカーズは NBA記録となる 33連勝を達成。 1976年に監督を辞任し,レイカーズのゼネラルマネージャーに就任した。 1976年選手として,2004年監督としてネイスミス記念バスケットボール殿堂入り。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャーマン(shaman)
・憑依(ひょうい)のような特異な心理状態で、神霊祖霊などと直接に接触・交渉し、卜占(ぼくせん)・予言・治病などを行う呪術(じゅじゅつ)・宗教的職能者。シャマン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

シャーマン
呪術者・女などのこと。儀式手段を用いてトランス状態に入り、自然界の神や霊と交信する役割を担う。シャーマンという単語はツングース語に由来する。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャーマン【William Tecumseh Sherman】
1820‐91
アメリカの南北戦争時代の連邦陸軍将軍。1840年ウェスト・ポイント陸軍士官学校卒業,米墨戦争に参加。南北戦争の際,ブル・ラン,シャイロ,ビクスバーグ,チャタヌーガの戦で活躍し,64年グラントの後を継いでミシシッピ方面軍司令官となった。その年9月アトランタ攻略後,6万2000の軍を率いて有名な破壊作戦〈海への進軍〉を開始し,ジョージア,そしてさらに南・北カロライナを席巻した。【井出 義光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゃーまん【シャーマン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゃーまん【シャーマン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シャーマン【shaman】
神仏や霊的存在と直接的に交わる能力をもった、呪術・宗教的職能者。魂を自らの身体から離脱させて別世界へと飛翔し、そこで神仏や霊的存在と出会う「脱魂型」(ecstasy type)と、神仏や霊的存在を自らの身体に乗り移らせる「憑依型」(possession type)とがある。日本では「みこ」「いちこ」「いたこ」「ゆた」などがその例。巫覡ふげき。巫者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン【Cindy Sherman】
1954~  アメリカの芸術家。男性から性的な対象としてつねに「見られるもの」でしかなかった女性をみずから演じ、その場面を写真にすることで、現代社会に潜む性差別を際立たせた作品を制作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シャーマン
〘名〙 (shaman 元来はツングース語) シャーマニズムで霊魂との交霊、予言などを行なう巫女(みこ)、道士。巫覡(ふげき)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン
(John Sherman ジョン━) アメリカ合衆国の財務家、政治家。財務長官、国務長官を歴任。南北戦争後の財政再建に活躍した。「シャーマン反トラスト法」で知られる。(一八二三‐一九〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャーマンの関連情報

関連キーワード

トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライグノーネルバルゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation