@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シャー・ルフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャー・ルフ
Shāh Rukh
[生]1377.8.20. サマルカンド
[没]1447.3.12. フィシャーワルド
イラン,チムール朝第3代の王 (在位 1409~47) 。中国史料には沙合魯と音写される。チムール (帖木児) の第4子。チムールの死後,一族の間に内訌が起ったが,任地ヘラートにあったシャー・ルフは機をみてサマルカンドに入り,王位についた。彼は長子ウルグ・ベグ (兀魯伯) にサマルカンドをゆだねて,自分はヘラートを首都として,統治にあたり,一族の内訌を収め,また東方の明や西方のオスマン帝国と友好関係を結んでチムール朝の最盛期を現出させた。彼は政治家としてすぐれていたばかりでなく,学芸にも深い理解を示し,多数のすぐれた学者,文人,芸術家の保護者としても知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャー・ルフ
しゃーるふ
Shah Rukh
(1377―1447)
ティームール朝第3代の王(在位1409~47)。ティームールの第4子。初めはホラサーン地方の総督であったが、本人の予想に反して王位についた。軍事的才能もあったが、文化的素質が豊かで、父がもたらした中央アジア、西アジアの戦禍の復興に努力した。ヘラートを都とし、子のバイスンクルとともに学者、芸術家を保護し、図書館を建設した。一方、イラン、メソポタミア地方を支配するトルクメンの王朝、黒羊朝(カラクユンル)や、自らの軍隊の不平分子と戦わねばならなかった。また、父が征服を志した中国、明(みん)朝とも親善関係を保ち、李達(りたつ)、陳誠(ちんせい)らの使者が来訪したのも彼の統治時代である。彼の比較的長い治世は、地方政権ながらも政治的安定と文化的繁栄をもたらした。彼の妻ガウハル・シャードは教養があり信心深い婦人で、よく夫を助けた。[勝藤 猛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

シャー・ルフ
生年月日:1377年8月20日
チムール王朝第3代の王(在位1404〜47)
1447年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャー・ルフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャー・ルフの関連情報

関連キーワード

Edward the Confessorエドワード黒羊朝スチェパン・トブルトコ1世タウトアビニョン教皇庁台湾・5大市長選伊吹山アビニョン捕囚イクナートン

他サービスで検索

「シャー・ルフ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation