@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュウ酸カルシウム

栄養・生化学辞典

シュウ酸カルシウム
 シュウ酸カルシウム塩で,この生体にとってカルシウムの利用性(生物的有効性)は低いとされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうさんかるしうむ【シュウ酸カルシウム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

シュウ酸カルシウム
シュウサンカルシウム
calcium oxalate

CaC2O4(128.10).鉱石として,天然にヒューエライト(whewellite)(一水和物),ウェデライト(weddellite)(二水和物)がある.カルシウム塩の水溶液にシュウ酸アンモニウムを加えると一水和物が得られる.これを約250 ℃ で乾燥すると無水物が得られる.二水和物は正方晶系,一水和物は単斜晶系であり,Caは8個のO原子で正方ねじれプリズム型に囲まれている.Ca-O2.4~2.5 Å.無水物は立方晶系.密度2.2 g cm-3(4 ℃).HCl,HNO3に可溶.水,酢酸に難溶.水ではKsp 2.5×10-9 mol2 dm-6(25 ℃).カルシウムイオンおよびシュウ酸イオンの定性・定量分析に利用される.陶器のうわぐすり,希土類分離の担体などに用いられる.[CAS 563-72-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュウ酸カルシウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュウ酸カルシウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation