@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュタイン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュタイン
Stein, Charlotte von
[生]1742.12.25. アイゼナハ
[没]1827.1.6. ワイマール
ドイツ,ワイマール大公国の公妃侍女。 1764年フリードリヒ・シュタイン男爵と結婚,75年ゲーテと知合って恋愛関係に入り,12年間の交際を通してゲーテの作家的成長に大きな影響を与えた。ゲーテの作品『タウリスのイフィゲーニェ』のイフィゲーニェ,『ウィルヘルム・マイスター』のナタリエは彼女の人物像から着想された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン
Stein, Edith
[生]1891.10.12. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1942.8.9. オシフィエンチム
ユダヤ人でドイツの女性哲学者。修道名 Theresia Benedicta a Cruce。 E.フッサールの弟子でその助手を務めた。アウシュウィッツ (現オシフィエンチム) の強制収容所で死亡。 1922年カトリックに改宗,1922~31年シュパイアーの女子ドミニコ会教師,1933年ケルン,1938年エヒト (オランダ) の各女子カルメル会修道女。フッサールの現象学的方法を適用してトマス・アクィナスを研究した。主著国家論』 Eine Untersuchung über den Staat (1924) ,『フッサールの現象学と聖トマス・アクィナス 』 Husserls Phänomenologie und die Philosophie des hl. Thomas v. Aquino (1929) ,『有限なるものと永遠の存在』 Endliches und ewiges Sein (1950) 。なお,全集 (5巻,1950~59) ,コンラート・マルティウスとの書簡集 (1960) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン
Stein, Karl, Freiherr vom und zum
[生]1757.10.26. ナッサウ
[没]1831.6.29. カッペンベルク
ドイツ,プロシアの政治家。 1780年からプロシア政府に勤務し,1804年税務・商工担当相となったが,翌年カビネット (官房) 制度改革案を国王フリードリヒ・ウィルヘルム3世に進言し罷免された。引退中ナッサウ覚え書を草した。イェナの敗戦 (→イェナ=アウエルシュテットの戦い ) 後,07年再び起用され,いわゆるシュタイン改革を断行。同年隷農制を廃止して農民解放の先鞭をつけ,08年都市条例により,絶対王政のもとで圧殺されていた都市の自治を再建するとともにこれを民主化し,市民の選挙による市会を設置した。同年 11月合理的な中央集権的行政制度を立法化したが,即日ナポレオン1世によって罷免された。罷免の背後にユンカー階級の自己の特権擁護のための暗躍があったことは見逃せない。彼はオーストリアに逃れ,12年ロシア皇帝の顧問となった。ドイツ解放とナポレオン打倒に奔走し,ウィーン会議にはロシア皇帝の顧問として出席したが,彼の理想主義的国民主義は会議を動かしえなかった。以後故郷に帰り,26年ウェストファリア州会議長をつとめた。この間 19年には「古ドイツ史協会」を設立して『モヌメンタ・ゲルマニアエ・ヒストリカ』 Monumenta Germaniae Historica編纂の基礎をおき,この事業は今日まで引継がれている。シュタイン改革案は当時種々の障害にあい全面的には実現できなかったが,K.ハルデンベルクに引継がれ,近代国家化のために重要な役割を果した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン
Stein, Lorenz von
[生]1815.11.15. エッケルンフェルデ,ボールビ
[没]1890.9.23. ウィーン,バイディンガウ
ドイツの法学者,社会学者。キールイエナ大学で哲学・法学を学ぶ。 1841年からパリ留学,フランスの社会主義・共産主義者と接触した。 46年キール大学教授となったのち,55年から 88年までウィーン大学の国家学教授。ヘーゲル法哲学とフランス社会主義の影響のもとに,階級対立をはらんだ市民社会に君主の行政が介入することによって労働者階級を保護するという独特の社会君主論を唱えた。ほかに経済学,行政学,財政学の分野でも業績を残している。 82年,憲法起草準備のため欧した伊藤博文を指導して,影響を与えたことでも有名である。主著『平等原理と社会主義 (原題:今日のフランスにおける社会主義と共産主義) 』 (1842) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン
Stein, Peter
[生]1937. ベルリン
ドイツの演出家。 1970~85年,西ベルリンのシャウビューネ劇場の芸術監督をつとめ,詳細な歴史考証に基づく重層的な解釈による古典の上演で,一世を風靡する。その舞台は,ドラマターグを活用した集団指導によるもので,西欧近代についての鋭い批評性に満ちていると評価される。代表作に『シェークスピア・記憶』 (1966) ,イプセンの『ペール・ギュント』 (71) ,チェーホフの『三人姉妹』 (84) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュタイン(Heinrich Friedrich Karl, Reichsfreiherr vom und zum Stein)
[1757~1831]プロイセンの政治家。ナポレオン支配の時代に農奴制廃止・国民皆兵制・行財政改革に尽力し、ドイツ近代化の基礎をつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン(Lorenz von Stein)
[1815~1890]ドイツの法学者・社会学者。国家の社会政策による資本主義発展主張。渡欧した伊藤博文に憲法・行政法を講義したことで知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

シュタイン Stein, Lorenz von
1815-1890 ドイツの法学者,行政学者。
1815年11月15日生まれ。ウィーン大教授。1882年(明治15)渡欧した伊藤博文らに立憲君主国のとるべき憲法・行政法を講義し,明治憲法制定のうえでおおきな影響をあたえた。その講義内容は伊東巳代治(みよじ)の「斯丁(シユタイン)氏講義筆記」にうかがえる。1890年9月23日死去。74歳。シュレスウィッヒ出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

シュタイン
ぺんてる株式会社の替えの商品名。従来品より折れにくい。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュタイン【Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein】
1757‐1831
プロイセンの政治家。ナッサウの帝国騎士の出身。ゲッティンゲン大学で法学を修め,1780年プロイセンの官吏となる。1804年商工業担当大臣となったが,国王の側近政治を批判し,07年1月罷免された。しかし同年10月,ティルジットの和約直後,国家再建のため登用され,翌年11月まで事実上の首相としてプロイセン改革に着手する。在任中に十月勅令で農民の人格的自由,都市条例で市民の自治,行政改革で集権的内閣制度を実現したが,反フランス蜂起画策のかどでナポレオンの圧力で罷免され,内政改革はハルデンベルクに継承された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シュタイン【Lorenz von Stein】
1815‐90
ドイツ・オーストリアの政治学者。シュレスウィヒ貴族の家庭に生まれたが,平民母親の不遇をみて爵位を辞したという。キール,イェーナ大学で法学,哲学を学び,ベルリン大学の法学博士号を受けた後,パリに遊学して社会主義者と交流した。《現代フランスにおける社会主義と共産主義》(1842)はドイツにおける社会主義文献の先駆といわれる。1846年キール大学教授となるが,政治活動を理由に52年罷免された。55年よりウィーン大学教授。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅたいん【シュタイン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュタイン【Stein】
Heinrich Friedrich Karl Reichsfreiherr vom und zum S. 1757~1831 プロイセンの政治家。ティルジット条約後の難局に首相となり、農奴解放、都市自治の強化、国家機構改革などの近代化を推進。
Lorenz von S. 1815~1890 ドイツの法律学者・社会学者。伊藤博文が憲法調査のため渡欧した際に憲法・行政法を講ずるなど、多大の影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典

シュタイン


スタインをも見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

シュタイン
生年月日:1859年11月12日
ドイツの哲学者
1930年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン
生年月日:1815年11月15日
ドイツの国家学者,社会学者
1890年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュタイン
[一] (Charlotte von Stein シャルロッテ=フォン━) ワイマール公国大公妃の侍女。主馬頭シュタイン男爵の夫人。ゲーテの恋人。ゲーテの人間性形成や芸術に多くの影響を与えた。(一七四二‐一八二七
[二] (Heinrich Friedrich Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein ハインリヒ=フリードリヒ=カール=ライヒスフライヘル=フォム=ウント=ツム━) ドイツの政治家。プロイセン改革の指導者。男爵。一八〇七年ティルジットの屈辱的講和ののち、首相として国政を担当、農民解放、都市条例などいわゆるプロイセン改革を指導して、その近代化に貢献した。また、一八一九年古代ドイツ史学会を創設、ドイツ中世史料集編纂の基礎を築いた。(一七五七‐一八三一
[三] (Lorenz von Stein ローレンツ=フォン━) ドイツの政治学者、社会学者。ドイツ行政学の完成者。ウィーン大学教授。社会改良主義的立場をとり、フランスの社会主義運動をドイツに紹介した。伊藤博文の帝国憲法起草に多大の影響を与えた。(一八一五‐九〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュタイン
Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein
1757〜1831
ナポレオン戦争期のプロイセンの政治家
近代的内閣制度の確立の構想を進言して免官されたが,1807年のティルジット条約以後,国務長官としてプロイセンの復興と近代化につとめた(シュタイン−ハルデンベルクの改革)。翌年,ナポレオン1世に罷免され,ロシアに亡命して解放戦争を指導した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

シュタイン
Lorenz von Stein
1815〜90
ドイツの法学者・社会学者
ウィーン大学教授。君主権の強い立憲制を主唱。1882年憲法調査のため渡欧した伊藤博文にプロシア系憲法を教えた。グナイストとともに大日本帝国憲法成立に関係がある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュタインの関連情報

関連キーワード

ウォルポール白河藩ルソー(Jean-Jacques Rousseau)セルシウス度助産所井上士朗ウォルポール火罪紀海音

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation