@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュタウフェン朝【シュタウフェンちょう】

世界大百科事典 第2版

シュタウフェンちょう【シュタウフェン朝 Staufer】
中世中期ドイツの貴族家門。ホーエンシュタウフェン朝Hohenstaufenとも呼ばれる。11世紀末いらい13世紀中葉の一門断絶にいたるまでシェワーベン大公。1138年から1254年まで,事実上連続してドイツ国王位につく。その間,フリードリヒ1世ハインリヒ6世フリードリヒ2世という3世代の英主は,いわゆる神聖ローマ皇帝としてヨーロッパ的覇権樹立を目ざす。彼らの努力は結局挫折に終わるが,シュタウフェン諸帝の活躍は中世的皇帝権に最後の輝きを添えたものと評価されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

シュタウフェン朝
シュタウフェンちょう
Staufen
1138〜1208,1215〜54
神聖ローマ帝国の王家。ホーエンシュタウフェン家ともいう
シュヴァーベン公家から出て,神聖ローマ帝国皇帝の位を占めた。1138年コンラート3世が皇帝に選ばれ,以後,フリードリヒ1世・フリードリヒ2世らを出したが,12世紀末から二重選挙を実施して王権が衰え,コンラート4世を最後に,1254年大空位時代にはいった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュタウフェン朝
シュタウフェンちょう
ホーエンシュタウフェン朝」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュタウフェン朝
しゅたうふぇんちょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタウフェン朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュタウフェン朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation