@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュトックハウゼン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュトックハウゼン
Stockhausen, Karlheinz
[生]1928.8.22. ケルン近郊メトラート
[没]2007.12.5. キュルテン
ドイツの作曲家,音楽理論家。 1947~51年ケルン音楽院とケルン大学で学び,1952年パリに移り,オリビエ・メシアン,ダリウス・ミヨーに師事。ミュジック・コンクレートに興味をもち,1953年ケルン放送局電子音楽スタジオに所属して,電子音楽『習作I』『習作 II』を発表。 1954~56年ボン大学で音声学,情報理論を学ぶ。 1963~77年ケルン放送局芸術監督。 1953年以降,ダルムシュタットの夏期講習で作曲などを教え,1971~77年ケルン音楽院の教授を務めた。ミュジック・セリエル (→セリー ) な技法や電子音楽を開拓し,1950~80年代の前衛作曲家に多大な影響を与えた (→現代音楽 ) 。主要作品は,11曲からなる『ピアノ曲』 Klavierstück (1952~56) ,『カレ』 Carré (1959~60) ,連作オペラ『リヒト (光) 』 LICHT (1977~2003) ,『昇天』 KLANG (2005) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュトックハウゼン(Karlheinz Stockhausen)
[1928~2007]ドイツの作曲家。メシアンミヨーらに師事。音楽に偶然性・空間性の概念を導入し、電子音楽において前衛的な作品を発表した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

シュトックハウゼン
1928年8月22日ドイツのケルン近郊生まれ。1948年から本格的に音楽を学び始め、公表されている最初の作品は合唱曲『ドリスのための合唱曲』(1950年)。1951年からダルムシュタットの国際現代音楽 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

シュトックハウゼン【Karlheinz Stockhausen】
1928‐
ドイツの作曲家。1947‐51年ケルン高等音楽学校で作曲をF.マルタンに学び,ケルン大学で音楽学,哲学を学ぶ。51年ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習に参加,ミュジック・セリエルから大きな影響を受け,52‐53年にパリでメシアンに師事した。帰国後ケルン電子音楽スタジオで最初の電子音楽《習作I》(1953)を制作,電子音楽《若者たちの歌》(1956)は後の電子音楽に大きな影響を与えた。またケージの影響から《ピアノ曲XI》(1956)でヨーロッパ最初の不確定性の音楽を発表,以後ブーレーズと共に,50~60年代の前衛音楽(アバンギャルド)の指導的立場に立った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュトックハウゼン
しゅとっくはうぜん
Karlheinz Stockhausen
(1928―2007)

ドイツの作曲家、音楽理論家。ケルン近郊メードラートの生まれ。ケルン高等音楽学校およびケルン大学で学んだのち、パリでメシアンに師事。1953年からケルン放送局の電子音楽スタジオで働き、63年から73年まで同スタジオの所長を務める。1957~74年ダルムシュタット夏期音楽講座の講師。1963年ライブ・エレクトロニック・ミュージックのためのアンサンブルを創設、68年まで活動した。1971~77年ケルン高等音楽学校の作曲科教授を務める。彼はミュージック・セリエルと電子音楽を出発点として、次々とその創作領域を拡大させ、電子音楽とミュージック・コンクレートとの結合、音楽への空間性の導入、偶然性の導入による開かれた形式、ライブ・エレクトロニック・ミュージック、演奏者の精神状態のみを指示する「直観音楽」などを発展させて、1950~60年代の前衛音楽の指導的存在となった。

 おもな作品として、次のものがあげられる。10の楽器のための完全セリエリスムによる『コントラプンクテ』(1953)、声と電子音による『若者たちの歌』(1956)、偶然性を取り入れた『ピアノ曲第11番』(1956)、テンポの新しい概念を導入した室内楽曲『ツァイトマーセ』(1956)、三つの管弦楽による「空間音楽」の試みである『グルッペン』(1957)、音楽に空間概念を導入した、四つの管弦楽と四つの合唱団のための『カレ』(1960)、電子音とピアノ、打楽器のための『コンタクテ』(1960)、ソプラノ、4群の合唱、13の楽器による開かれた形式の『モメンテ』(1964)、ライブ・エレクトロニック・ミュージックの『ミクストゥール』(1964)、「直観音楽」の『七つの日より』(1968)、『来るべき時のために』(1970)、『シュテルンクラング』(1971)など。彼の仕事の集大成といえる連作歌劇『光』(1977~2003)の冒頭部分は、日本の国立劇場の委嘱による『歴年――「光」からの場面』(1977)として東京で初演された。作曲理論に関する論文も多い。

[寺田由美子]

『清水穣訳『シュトックハウゼン音楽論集』(1999・現代思潮社)』『Karlheinz Stockhausen, Robin Maconie:Stockhausen on Music;Lectures and Interviews(1990, Marion Boyars)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュトックハウゼン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュトックハウゼンの関連情報

関連キーワード

島津保次郎斎藤寅次郎マキノ雅広清水宏五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩キャプラ治安維持法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation