@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュトラスマン

大辞林 第三版

シュトラスマン【Fritz Straßmann】
1902~1980 ドイツの物理化学者。ハーンとともに1938年ウランの核分裂を発見。この発見がのちの原爆製造につながった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュトラスマン
しゅとらすまん
Fritz Stramann
(1902―1980)
ドイツの核化学者。ハノーバーの工業大学を卒業し、1929年からベルリンのカイザー・ウィルヘルム研究所(現、マックス・プランク研究所)化学部で放射能の研究を始めた。研究のほとんどは化学部長であったO・ハーンやL・マイトナーらとの共同のもので、β(ベータ)放射性元素ウラン239、プロトアクチニウム233などの発見をした。1938年ハーンとシュトラスマンは、ウランを中性子で照射した際の生成物質のなかに放射性バリウムをみいだし、「これまでの核物理学の経験といっさい相反する」と報告した。この結果はただちにマイトナーとO・フリッシュOtto Frisch(1904―1979)によって「核分裂」と説明され、中性子の連鎖反応による原子力の実用化の可能性を与えるものとなった。第二次世界大戦中カイザー・ウィルヘルム研究所崩壊のあとも核分裂の研究を続け、戦後はマインツで研究を行った。1946年マインツ大学無機化学教授となり、無機化学・核化学研究所(現、核化学研究所)に勤務した。[小林武信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュトラスマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュトラスマンの関連情報

関連キーワード

黒人問題[各個指定]工芸技術部門印僑[各個指定]芸能部門醸造業朝鮮映画RCA情報化社会平山郁夫EMIグループ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation