@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュバイツァー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュバイツァー
Schweitzer, Albert
[生]1875.1.14. アルザス,カイゼルスベルク
[没]1965.9.4. ガボン,ランバレネ
フランスのプロテスタント神学者,音楽家,哲学者,医師。ストラスブール大学で神学と哲学を修め,かたわら音楽,ことにバッハの研究に従い,キリストについての見解,パウロの神秘主義の研究,また独自の生命観を唱え,それぞれ注目を浴びた。バッハの解釈,演奏についても早くから認められ,そのオルガン製作についての意見は国際基準とされた。布教活動を目的に 1905年から医学を学んで 13年に医師となり,フランス領の赤道アフリカ (現在のガボン共和国) に渡って,ランバレネで現地人への伝道と医療に奉仕した。 52年ノーベル平和賞を受けた。主著に『文化哲学』 Kulturphilosophieがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュバイツァー
Schweitzer, Johann Baptist von
[生]1833.7.12. フランクフルトアムマイン
[没]1875.7.28. ベルン,ブリエンツ湖畔ギースバハ
ドイツの労働運動指導者,政治家,劇作家。 1862年以後 F.ラサールの跡を継いで全ドイツ労働者協会会長 (1864~71) ,65年同協会機関紙『社会民主主義』 Der Sozialdemokratを発刊した。北ドイツ連邦議会議員。プロシアを中心に勢力を保ち,ビスマルク政策を支持し,A.ベーベルや K.リープクネヒトと衝突した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュバイツァー
Schweitzer, Pierre-Paul
[生]1912.5.29. ストラスブール
[没]1994.1.2. パリ
フランスの国際金融論専門家。 A.シュバイツァーのストラスブール大学,パリ大学卒業。 1936年大蔵省に入り,47年国際通貨基金 IMFのフランス代表。 60年フランス国立銀行副総裁となり,同国のインフレ経済再建に尽した功績は高く評価された。 63年 IMF専務理事。 71年のドル・ショック後,各国の通貨調整に失敗,73年 IMF専務理事を辞任,民間銀行役員に就任

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュバイツァー(Albert Schweitzer)
[1875~1965]フランスの神学者哲学者・医師。ドイツ領だったアルザスの生まれ。1913年に仏領コンゴ(現ガボン共和国)のランバレネに渡り、医療と伝道献身バッハ研究家・オルガン奏者としても有名。1952年、ノーベル平和賞受賞。シュワイツァー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

シュバイツァー
生年月日:1912年5月29日
フランスの金融専門家
1994年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュバイツァー
(Albert Schweitzer アルベルト━) ドイツの神学者、哲学者、音楽家、医師、社会事業家。アルザスの生まれ。赤道アフリカのフランス領コンゴ(現ガボン共和国)のランバレネに病院を建設、住民の救済に尽力して「密林の聖者」といわれた。生命への畏敬を倫理の出発点とし、「イエス伝研究史」「水と原生林のはざまで」「文化と倫理」「バッハ」などの著書を著わす一方、核実験禁止を唱え、平和のためにも努めた。一九五二年ノーベル平和賞受賞。(一八七五‐一九六五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュバイツァー
Albert Schweitzer
1875〜1965
アルザス出身のドイツ系の神学者・哲学者・医者・音楽家
ドイツ・フランスの対立の中で人類への直接奉仕を志し,1913年アフリカ赤道直下のランバレネ(現ガボン共和国)におもむき,原住民のための医療・伝道に従事した。バッハ研究家・パイプ−オルガニストとしても著名。1952年度ノーベル平和賞を受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュバイツァー
しゅばいつぁー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュバイツァー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュバイツァーの関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会ジェームズトンガ貿易銀ポピュリスト党ロダンワッパ一揆ゴシケビッチコット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation