@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュパイエル

デジタル大辞泉

シュパイエル(Speyer)
ドイツ南西部、ラインラント‐プファルツ州の都市。古くから同地方における宗教商業の中心地として発展。4世紀に司教座が置かれ、11世紀にシュパイエル大聖堂が建造された。宗教改革問題をめぐり、1526年と1529年に帝国議会シュパイエル国会)が開かれたことで知られる。シュパイヤー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュパイエル
しゅぱいえる
Speyer
ドイツ南西部、ラインラント・プファルツ州の都市。人口4万9800(2000)。ライン川左岸の段丘上に位置する。古くから宗教都市、商業都市として発展してきたため、都市における通常の司法、行政、金融など各種機能のほか、ワイン博物館を含む博物館、文書館、キリスト教新旧両宗派の神学校など、ライン河谷の歴史と文化の中心地としての施設も多い。ライン河港には、石油、航空機、自動車、電気機器などの新しい工業も立地している。[朝野洋一]

歴史

古代ローマ末期に、ケルト人、ゲルマン人の集落があったこと、また614年に司教座が存在したことが記録によって確かめられる。ザリエル王家、ホーエンシュタウフェン王家時代に繁栄し、1294年司教の支配を脱して帝国都市となった。しばしば帝国議会の開催地となったが、1526年と1529年の帝国議会(シュパイエル国会)は、宗教改革史上重要な意義をもつものとして有名である。1526~1689年の間、帝室裁判所の所在地であった。プファルツ継承戦争中の1689年フランス軍によって焼き払われ、司教座聖堂その他少数の建物を除いて町のほとんどは焼失し、フランス革命戦争中の1794年にふたたび大きな破壊を被った。1797~1814年の間フランス領に編入され、1816年バイエルン領となり、以後1945年までラインラント・プファルツの政庁所在地であった。[中村賢二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュパイエル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュパイエルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation