@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュミットカメラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュミットカメラ
Schmidt camera
天体写真儀の一種。1930年にドイツのベルナルト・V.シュミット考案した。通常の反射望遠鏡は放物面の凹面鏡を使っており,コマ収差のため焦点が合う部分が非常に狭い。シュミットカメラは,主鏡に球面鏡を使い,その前面に四次曲面からなる対物補正レンズを置くことによって収差のない広い視野を得られるようにした天体撮像用のカメラである。視野が広く,光学系が明るい(焦点距離/口径比=F値が小さい)ため,広い天域の調査や銀河,星雲,星団など微光天体の写真観測に適している。(→望遠鏡

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュミット‐カメラ(Schmidt camera)
ドイツのハンブルク天文台B=シュミットが1930年に考案した反射望遠鏡。球面反射鏡と、特殊な断面をもつ補正レンズとからなる。視野が明るく、広範囲を鮮明に撮影することができ、星座彗星(すいせい)・人工衛星の撮影に使用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅみっとかめら【シュミットカメラ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュミットカメラ【Schmidt camera】
球面反射鏡の球心に補正レンズを置いた天体カメラ。1930年シュミット(Bernhard Schmidt1879~1935)が発明。収差が極めて少なく、広視野で明るい像が得られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュミット‐カメラ
〘名〙 (Schmidt Kamera) 天体観測用カメラの一つ。球面反射鏡に補正レンズを組み合わせたもので、視野は明るくコマ収差のない広範囲を鮮明に撮影することができる。星座、彗星、人工衛星の撮影や追跡などに用いる。一九三〇年ハンブルク天文台のシュミットが考案。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュミットカメラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュミットカメラの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation