@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュミット・カメラ【しゅみっとかめら】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュミット・カメラ
しゅみっとかめら
Schmidt camera
1930年にB・V・シュミットハンブルク天文台で発明製作した広視野で明るい大型望遠カメラ。シュミット望遠鏡ともよぶ。球面の反射鏡(主鏡)と、その曲率中心に球面収差を除去する薄い補正レンズ(補正板)を配置した光学系で、両者の中点に焦点面ができる。この光学系で、「ザイデルの五収差」のうち球面収差、非点収差、コマ収差、ゆがみをなくすが、像面湾曲だけは残る。非常に広い視野を明るい口径比で実現できる。ただし、焦点面は湾曲しているので、フィルムないしは写真乾板を曲げて装着するか、写野平坦化レンズで焦点面を平面にする。広い視野にわたって、「けられ」の影響を少なくするために、補正板の口径より主鏡の口径を大きくする。また、迷光を防ぐために光学系全体を鏡筒で完全に覆う。シュミット・カメラは、広い天域で特定の性質を示す天体を網羅的に探査するサーベイ観測や、見かけの大きさが大きい天体の観測に威力を発揮する。木曽観測所のシュミット・カメラは、補正板口径105センチメートル、主鏡口径150センチメートル、焦点距離330センチメートル、口径比3.1である。[岡村定矩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュミット・カメラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュミット・カメラの関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation