@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュミット望遠鏡【シュミットぼうえんきょう】

世界大百科事典 第2版

シュミットぼうえんきょう【シュミット望遠鏡 Schmidt telescope】
B.シュミットが考案した光学系をもつ望遠鏡。この光学系を利用した天体写真儀をシュミットカメラSchmidt cameraという。広写野で明るいことが特徴で,広い天域の掃査的な観測,どこに現れるか限定できないすい星や新星の監視,動きの速いすい星・小惑星・人工衛星などの追跡,さらに広がりをもつすい星・星団・星雲銀河銀河団などの撮像などをその役割とする。 対物鏡に回転放物面を使う通常の反射望遠鏡では,球面収差と色収差はないが,非対称性のため位置や明るさの測定に障害の多いコマ収差が生ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュミット望遠鏡
シュミットぼうえんきょう
Schmidt telescope
シュミットカメラ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュミット望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュミット望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation