@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュメール人【シュメールじん】

大辞林 第三版

シュメールじん【シュメール人】
紀元前三千年頃、メソポタミア南部に都市国家を建て、楔形くさびがた文字・法典などを作った民族。スメル。 → ウル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュメールじん【シュメール人 Sumerians】
メソポタミア南部に世界最古の古代文明を築いた民族シュメール人はメソポタミア原住民ではなく,おそらく前3500年前後に来住したと考えられる。原住地,来住経路,来住時期,言語系統などは不明で,一般に〈シュメール問題〉と呼ばれる。黒髪で短頭型のアルメノイド人種に属する。ウルク期楔形文字の祖形である古拙文字を発明したのはシュメール人と見なされるが,それに先行するウバイド期の文化がシュメール人に属するかどうかは不明である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

シュメール人
シュメールじん
Sumer
メソポタミア文明を生んだ南部のシュメール地方の住民。スメル人ともいう
言語の系統は不明。前3000年ごろから,独立した都市国家群による初期王朝時代を現出国王は最高神官を兼ねた。これらの都市国家の中からウルクウル(ウル第1王朝)が覇権を握り,やがてラガシュが台頭した。前2350年ごろ,アッカド人が侵入してその統治を受けた。アッカド朝が衰えるとシュメールが復興,ウル第3王朝(前2113 (ごろ) 〜前2006 (ごろ) )がメソポタミアを統一した。前2000年ごろからエラム人・アムル人の侵入を受け衰退,セム化されて消滅。文化的には,楔形 (くさびがた) 文字・治水技術・金属文化・宗教・社会形態などがのちの民族に伝えられた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュメール人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュメール人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation