@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュモラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュモラー
Schmoller, Gustav von
[生]1838.6.24. ハイルブロン
[没]1917.6.27. バートハルツブルク
ドイツ歴史学派の代表的経済学者。テュービンゲン大学卒業。官吏辞任後,ハレ (1864) ,シュトラスブルク (72) ,ベルリン (82) の各大学で教え,後期歴史学派の指導者となった。抽象的,非現実的な古典派経済学に対し,経済現象の経験的・歴史的研究を提唱,ドイツ行政史の一側面として経済史の膨大な実証主義的研究を残し,18世紀プロシア王国の国制史と行政史に関する膨大な史料集"Acta Borussica"の編纂を指導した。一方,社会主義に反対しながらも,資本主義の生み出した悪を批判,経済学に倫理的基礎を与えようとし,社会政策の必要を主張,その歴史的,帰納的方法をめぐり K.メンガーとの間に方法論論争,また倫理的・政策的判断に関し M.ウェーバーとの間に価値判断論争を展開した。経済学者の最大の団体「社会政策学会」の創設を主導。 A.ワーグナーらの国家社会主義的右派と L.ブレンターノらの自由主義的左派との中間に位置した。主著『国民経済学概論』 Grundriss der allgemeinen Volkswirtschaftslehre (1900~04) 。 1881年に彼が発刊した『立法・行政および国民経済学年報』 (略して『シュモラー年報』 Schmollers Jahrbuch) は国制史・経済史研究の重要文献。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュモラー(Gustav von Schmoller)
[1838~1917]ドイツの経済学者。新歴史学派の代表者で、社会政策学会を設立し、指導的役割を果たした。また、「シュモラー年報」を創刊「国民経済学原論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュモラー【Gustav von Schmoller】
1838‐1917
ドイツの経済学者。新歴史学派の重鎮ビュルテンベルクに生まれチュービンゲン大学に学ぶ。最初生地の官吏となるが関税政策を批判して罷免され,1864年ハレ大学の経済学教授になり,シュトラスブルク大学を経て,82年ベルリン大学教授となって1913年まで在職。プロシア政府に重んじられて大学内外で行政上の要職につく一方,1872年社会政策学会を設立・主導し,また《シュモラー年報》(ただし,この名称は後年つけられたもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュモラー【Gustav von Schmoller】
1838~1917 ドイツの経済学者。社会政策学会を設立、「シュモラー年報」と呼ばれる研究誌を創刊。 M =ウェーバーと価値判断、 C =メンガーと方法論をめぐり論争。著「国民経済学原論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュモラー
しゅもらー
Gustav von Schmoller
(1838―1917)
ドイツの経済学者。後期(新)歴史学派の中心的存在。チュービンゲン大学で学び、ハレ大学、シュトラスブルク大学教授を経て、1882年ベルリン大学教授(~1912)。1873年、A・ワーグナー、L・ブレンターノらと社会政策学会を設立し、指導的役割を演じた(90年以降会長)。78年以降『国家学・社会科学研究双書』Staats-und Sozialwissenschaftliche Forschungenの編集に参加し、また81年、彼を中心に創刊され、後期歴史学派の研究発表機関となった『立法・行政および国民経済のための年報』Jahrbuch fr Gesetzgebung, Verwaltung und Volkswirtschaftは、しばしば『シュモラー年報』と通称される。
 シュモラーは『19世紀ドイツ小工業の歴史』Zur Geschichte der deutschen Kleingewerbe im 19. Jahrhundert(1870)で名声を確立し、前期(旧)歴史学派の人々同様、経済史の研究を重要視したが、有名なC・メンガーとの方法論争や、M・ウェーバーとの価値判断論争の通俗的解説から印象づけられがちなほど理論を排したり、政策論議における倫理の理論や事実に対する優越性を主張したわけではない。経済学は理論のみを偏重することなく、補助科学としての経済史研究や心理学・倫理学の援助をも求めるべきである、というのが彼の中心的主張であったといってよい。主著は『国民経済学原論』Grundriss der allgemeinen Volkswirtschaftslehre2巻(1900、04)。[早坂 忠]
『山田伊三郎訳『国民経済学原論』全2巻(1914、16・冨山房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

シュモラー
生年月日:1838年6月24日
ドイツ歴史学派の代表的経済学者
1917年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュモラー
(Gustav von Schmoller グスタフ=フォン━) ドイツの経済学者。ベルリン大学教授。新歴史学派を起こし、プロイセンの社会政策を理論的に指導。「立法・行政および国民経済のための年報」(通称「シュモラー年報」)を創刊、社会政策学会を創設した。主著「国民経済学原論」。(一八三八‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュモラー
Gustav von Schmoller
1838〜1917
ドイツの経済学者,新歴史学派経済学の祖
経済学を倫理と結びつけて国家干渉を合理化し,また経済史研究を重視して,社会政策学会の創立に参加した。主著『国民経済学原理』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュモラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュモラーの関連情報

関連キーワード

桜田門外の変/参加者一覧シューマンニコライレールモントフグラバージェーンズスタウトデーニッツデービスパーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation