@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュライエルマハー

世界大百科事典 第2版

シュライエルマハー【Friedrich Ernst Daniel Schleiermacher】
1768‐1834
ドイツの神学者,哲学者。プロテスタント最大の思想家の一人。幼時よりヘルンフート派敬虔主義教育うけ,この派の感情重視の宗教観は,カントの批判哲学にふれて敬虔主義に距離をおいた後も,彼の基本的立場となった。世紀交代期にベルリンにあってロマン主義者たちと交わり,1804年かつて学んだハレ大学に招かれたがナポレオン侵入のためベルリンに帰る。ベルリン大学創設に尽力,10年同大学神学部教授となり哲学も教える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュライエルマハー
しゅらいえるまはー
Friedrich Ernst Daniel Schleiermacher
(1768―1834)

ドイツの神学者、哲学者。19世紀のプロテスタント神学の第一人者。11月21日ブレスラウ(現、ポーランド領ブロツワフ)の改革派牧師の子に生まれ、少年時代はヘルンフート兄弟団の学校で教育を受けた。しかし青年時代には敬虔(けいけん)主義に反発して啓蒙(けいもう)主義にあこがれ、父と激突してハレ大学で学んだが、やがて敬虔主義の良所を漸次理解し、その宗教思想の基礎に置くようになる。神学国家試験に合格してのち、家庭教師と牧師を経て、1796年ベルリンの慈善病院牧師となる。ベルリン滞在中ロマン主義グループに接し、フリードリヒ・シュレーゲルと親しくなり、2人で共同してプラトンの翻訳を計画した。結局はシュライエルマハーひとりの手で、1804~1828年にわたり出版されることになるが、この翻訳は19世紀のプラトン研究に大きな影響を与えた。『宗教講演』(1799)と『独語録』(1800)はこの時期の作品である。『宗教講演』は、宗教を軽蔑(けいべつ)する啓蒙主義者に対するロマン主義の宗教擁護であり、宗教を哲学と道徳から区別して独自の領域、宇宙の直観と感情の領域とみなす。宗教は天来の火花によってとらえられた瞬間であり、無限者との直接の合一である。宗教の個体的体験はつねに共同体の形態をとり、歴史的に把握される。『独語録』は、倫理学的研究の最初の成果であった。

 1804年ハレ大学助教授兼付設教会牧師となったが、1806年ナポレオンの占領のため大学が閉鎖された。1807年ベルリンへ帰って以後、自由講演を行い、フンボルト兄弟やフィヒテとともに大学創設に尽力した。1809年三一(さんいつ)教会牧師、1810年新設のベルリン大学教授となり、死ぬまでこの二つの職に精励した。神学講義と教会説教は、彼が終生打ち込んだ天職であった。その在任中、プロシア王の熱望する教会合同の問題がおこり、シュライエルマハー自身は合同には反対ではなかったが、上からの改革に反対し、合議制に基づく合同を主張した。『神学通論』(1811)と『キリスト教的信仰』(1821~1822)はこの時期の傑作であり、とくに後者は自由主義神学の基礎となった。それは、信仰を絶対依存の感情として把握し、キリスト教をナザレのイエスのもたらした救済に発する倫理的唯一神教とみなし、その特有の感情を神と世界との関係を表すものとして、罪と恩寵(おんちょう)の対立の下に分析する。

 シュライエルマハーの思想全体について、従来はディルタイの未完の研究に基づき哲学から神学をみる傾向が強かったが、最近はディルタイの遺稿をもとに、神学から哲学をみる研究が強められている。

[森田雄三郎 2018年8月21日]

『木場深定訳『独り語る』(1980・理想社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュライエルマハー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュライエルマハーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation