@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュリー
Śrī
サンスクリット語で,本来は利益,吉祥などを意味する。インド神話では豊穣,繁栄の女神の名とされる。一説によると,アーリア人のインド侵入以前の,先住民の崇拝していた女神であるとされる。ビシュヌ神の神妃とされ,しばしばラクシュミー Lakṣmīとも呼ばれるが,シュリーとラクシュミーとは本来別個の女神であったとされる。また仏教にも取入れられて,吉祥天となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュリー【Maximilien de Béthune,baron de Rosny,duc de Sully】
1559‐1641
フランスの政治家。古くからの貴族家系であったが,祖父の代より家運が傾き,小所領ロニーを残すのみの没落小貴族の出身である。両親がカルビニズムに帰依し,彼自身も早くより新教派に加わってアンリ・ド・ナバール(のちのアンリ4世)の側近となった。1589年アンリ4世即位とともに重用され,事実上の宰相をつとめ王国の復興に貢献した。農業を重視し,タイユ税軽減や役畜農具の差押え禁止など農民保護立法を推進した。〈農耕牧畜はフランスの双の乳房〉という彼の言葉は,農本主義的な思想をよく表している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シュリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation