@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュルツ【しゅるつ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュルツ(Henry Schultz)
しゅるつ
Henry Schultz
(1893―1938)
アメリカの計量経済学者。ポーランドに生まれる。アメリカに渡り、ニューヨーク大学を卒業後コロンビア大学大学院に進み、ムーア教授に師事した。初めワルラスやパレートの学説を研究したが、やがて彼らが理論的に定立した需要や消費の関数を統計的に分析することに主題を移し、砂糖、トウモロコシなど諸種の商品について測定を行った。その集大成が大著『需要の理論と測定』The Theory and Measurement of Demand(1938)である。彼はこれらの分析にトレンド計算などを用いているが、それは経済理論と統計的方法との新しい結合であり、その点において師ムーアとともに初期計量経済学の創始者と評価されている。[木村太郎]
『杉本栄一著『近代経済学の解明 下』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュルツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュルツの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation