@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュルーズベリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュルーズベリー
Shrewsbury
イギリスイングランド西部,シュロップシャーの行政府所在地。バーミンガムの北西約 60kmにあり,セバーン川に臨む。戦略的要地にあったため,5世紀頃からウェールズの前哨基地として重要であったが,8世紀末アングロ・サクソンのマーシア王国に併合された。エドワード(在位 899~924)の治世には貨幣鋳造所があり,ウィリアム1世による土地調査書『ドゥームズデイ・ブック』(1086)には都市として記されている。12世紀以降ウェールズとの抗争にしばしば巻き込まれ,1283年にはエドワード1世が市にイギリス議会を招集した。1403年のシュルーズベリーの戦いに勝利したヘンリー4世は王位を確立。中世末期ウェールズとの辺境地帯が政治的に安定したのち,ウェールズとの羊毛取引で繁栄。近代以降は工業都市で,鉄道車両,工作機械,電機などの工業が発達。また周辺の農業地帯の集散地でもあり,大規模な家畜市場があり,麦芽製造なども行なわれる。歴史的建造物が多く,ノルマン朝時代に創建されたシュルーズベリー城や,1345年頃のステンドグラスのある聖メアリー聖堂,15~16世紀の木造家屋などが保存されている。チャールズ・R.ダーウィンの生地。人口 6万7126(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュルーズベリー(Shrewsbury)
英国イングランド西部、シュロップシャー州の都市。セバーン川沿いに位置する。旧市街には11世紀創建のシュルーズベリー修道院やチューダー朝様式の民家をはじめ、歴史的建造物が数多く残る。また付近アイアンブリッジ峡谷がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュルーズベリー【Shrewsbury】
イギリス,イングランド西部,シュロップシャー中部にある農業都市で州都。人口5万9000(1981)。〈ノルマン人スクロッブの城Scrobb’s Burg〉が語源。セバーン川の上流に位置し,周辺農村地帯の中心都市として農産物の集散・加工が行われ,とくに大規模な牛市は有名である。また農業機械,ディーゼルエンジンなどの工業もみられ,道路・鉄道交通の結節点をなす。ウェールズとの境界に近い戦略的位置を占め,旧市街はセバーン川の湾曲部に発達した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュルーズベリー
しゅるーずべりー
Shrewsbury

イギリス、イングランド中部、シュロップシャー県の県都。人口9万5896(2001)。バーミンガムの北西約60キロメートルにあり、セバーン川に接する。古代からウェールズへの門戸として軍事的に重要で、遺跡や歴史的建築物も多い。とくにチューダー様式の家屋が多く残ることで知られ、14世紀の聖メアリ教会はステンドグラスで有名。おもな産業は車両、工作機械などの製造業で、市の北部にはイギリス有数の家畜市場もある。

[井内 昇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュルーズベリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュルーズベリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation