@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュレジエン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュレジエン
Schlesien; Silesia
シレジアとも呼ばれる。中部ヨーロッパのオーデル川上・中流域の地名。現在大半はポーランド領 (ポーランド名シロンスク) で,一部はチェコ領。山がちだがオーデル河畔の低地は肥沃で,農業,牧畜などが盛ん。地下資源も豊かで,石炭,鉄鉱,亜鉛などを産出するので,歴史上常に紛争の中心であった。地名はバンダル族の一部族名に由来しているが,中世以来ボヘミア,ポーランドの勢力下にあった。しかし 12世紀以後ドイツ人の入植が盛んになり,急速にドイツ化した。ウロツワフ (ブレスラウ) はドイツ人の建設した都市で,ハンザ同盟にも加わり,商業の中心であった。 16世紀からはボヘミアとともにオーストリアのハプスブルク家の支配下におかれたが,18世紀オーストリア継承戦争の際,プロシアのフリードリヒ2世が侵入,オーストリアの数次にわたる奪回の意図もむなしく,プロシア領となった。 19世紀後半には商工業が発展し,プロシアで最も富裕な地となった。第1次世界大戦後の 1921年その帰属を決めるため,ベルサイユ条約に基づく人民投票が行われ,住民の過半がドイツへの帰属を希望したが,上シュレジエンはポーランドに帰属することになり,ドイツ人を憤慨させた。第2次世界大戦の結果オーデル川,ナイセ川の線が国境とされシュレジエンの大半はポーランド領となった。 50年東ドイツが,70年には西ドイツ政府もこれを承認した。今日,シュレジエンはポーランド重工業の中心となり,ポーランド全体の 50%以上の鉄鋼を生産,また各種の化学工業も発展している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅれじえん【シュレジエン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

シュレジエン
(Schlesien) シロンスクのドイツ語名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュレジエン
Schlesien
現在のポーランド南西部,オーデル・ウィスラ両川の上流一帯と,チェコのスデート山脈の一部を含む地方。シレジア(英語)・シロンスク(ポーランド語)ともいう
シュレジエンの名は,もとヴァンダル族の一部族名からおこった。10世紀にポーランドの一部となり,13世紀以後,ドイツ人の植民により急速にドイツ化した。16世紀にはオーストリア−ハプスブルク家の支配下にはいり,シュレジエン戦争によりプロイセン領となった。石炭の産地であり,商工業が発展。第一次世界大戦後はその一部が,第二次世界大戦後はその大半がポーランド領となり,一部はチェコに属する。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュレジエン(〈ドイツ〉Schlesien)
シロンスクのドイツ語名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュレジエン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュレジエンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation