@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュロソウ(棕櫚草)【シュロソウ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュロソウ(棕櫚草)
シュロソウ
Veratrum nigrum
ユリ科の多年草で,バイケイソウ属の1種。北半球温帯の林内や草地から高山草原にまで広く分布する。広楕円形で短い柄のある 20~30cmの葉を根もとから出す。葉の基部はとなり,冬は地上部が枯れるが,この葉鞘の脈がシュロ糸のようになって何年も残るので,この名がある。夏に,50cmあまりの花序を総状に出し,多数の6弁の小花を開く。花被片は紫褐色である。花 (花被片) が緑色のものをアオヤギソウ V. nigrum var. parviflorumといって区別することがある。花色の違いのほかに分布域もアオヤギソウは低山の湿った草地に,シュロソウは高山草地にと分れる傾向がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュロソウ(棕櫚草)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュロソウ(棕櫚草)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation