@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュンガ朝【シュンガちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュンガ朝
シュンガちょう
Śuṅga
インドの古代王朝。前 187年頃,マウリヤ朝の将軍プシュヤミトラがブリハドラタ王を殺して創始した。ガンジス川流域からマールワ地方を領域としたが,北西からのギリシア系の諸王侵入に悩まされた。この王朝は 10代継承されたといわれ,前 75年頃バラモンカーンバ朝によって滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュンガちょう【シュンガ朝 Śuṅga】
古代北インドの王朝(前180‐前68ころ)。プラーナ文献によると,将軍プシュヤミトラPuṣyamitraが,主君であるマウリヤ朝最後の王ブリハドラタを殺して王朝を創始したという。都は前王朝と同じくパータリプトラに置かれたが,版図はマウリヤ帝国の中心部にあたるガンガー(ガンジス)川中流域から中央インドに及ぶ地にほぼ限られた。プシュヤミトラはバラモンの出身といわれ,また即位後にバラモン教の大犠牲祭アシュバメーダ(馬祀祭)を挙行したことで知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュンガ朝
しゅんがちょう
Suga
古代インドの王朝(前185ころ~前80ころ)。初代プッシャミトラはマウリヤ朝の軍司令官で、紀元前185年ごろ主君を殺して王権を奪い、北インドのかなり広い領土を支配した。彼はベーダ的儀式(古代インドの神話的祭式)であるアシュバメーダ(馬祠祭(ばしさい))を再度行って、バラモンの宗教と文化を尊重した。仏教側の伝説によれば、彼は仏教徒を迫害したというが、その領土では、バールフトの遺跡にみられるように仏教建築が盛んであった。だが、当時、南には新しい勢力が興り、西北からは異民族が侵入したために、この王朝はマウリヤ朝ほどに強大ではなく、前80年ごろ大臣バスデーバに滅ぼされ、カーンバ朝にかわった。[山崎利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュンガ朝
シュンガちょう
Śunga
前2世紀前半〜前80年ごろ
マウリヤ朝の衰退後,北インドを支配した王朝
サーンチーのストゥーパなど仏教建築が盛んに行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュンガ朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュンガ朝の関連情報

関連キーワード

アミノ安息香酸アンティオコス[3世]アンチオコス3世アンティオコス(3世)朝鮮人帰還協定アミノ安息香酸(データノート)ベネディクト ヘヴェデス防衛施設庁談合フリーター埋蔵金

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation