@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュート
Shute, John
[生]?
[没]1563
イギリス最初建築書『最初にして主要なる建築の基礎』 The First and Chief Groundes of Architecture (1563) の著者。同書によれば,彼は画家および建築家で,1550年ノーサンバーランド公によってイタリアに派遣されたという。ただし彼の絵画,建築作品は今日まったく知られていない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュート
Syut
カイロとアスワンのほぼ中間北寄りに位置するナイル川西岸の古代都市。現アシュート。金狼頭の神ウェープウァウェト (ギリシア名オポイス) 神信仰の中心地であった。中王国時代 (前 2133頃~1786) ,上エジプト第 17ノモス首府であった。ヘレニズム時代のギリシア人はリュコポリス (「狼の町」の意) と呼んだ。古代から東西砂漠の隊商路の起点として商業上の利を得,中世のイスラム支配下においても,上質織物,果実,穀物をスーダン方面へ輸出し,奴隷,象牙染料を輸入する商業地として優位にあった。現アシュート市の背後石灰岩の丘には第 12王朝 (前 1991~1786) の岩窟墓が多数残存している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュート(chute)
穀物・郵便物・屑(くず)などを上から下へ滑り落とすための装置。「ダストシュート
旅客機の緊急脱出装置。
[補説]2は、英語では escape chute。日本ではなまって「シューター」ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュート(shoot)
[名](スル)
サッカー・ホッケー・バスケットボールなどで、ゴール目がけてボールを蹴ったり投げたりすること。
野球で、投手の投球が打者の近くで投手の利き腕側に曲がること。また、その球。
木の根元から伸びた若い枝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュート
〘名〙 (shoot)
① サッカー、バスケットボール、ホッケーなどで、ゴールをめがけて球を蹴ったり投げたりすること。
② 野球で、投手の投球が、ホームベース付近で投手の利き腕側に曲がること。また、その球。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュートの関連情報

関連キーワード

出入三河一向一揆トルレス毛利隆元三河一向一揆エリザベス(1世)労働者条例キリシタン関係主要人名宗教改革史(年表)ルネサンス史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation