@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シュールレアリスム

デジタル大辞泉

シュールレアリスム(〈フランス〉surréalisme)
20世紀を代表する芸術思潮の一。1924年に刊行されたブルトンの「シュールレアリスム宣言」に始まる。ダダイスムの思想を受け継ぎつつフロイト深層心理学の影響を受け、非合理的なものや意識下の世界を追求、芸術の革新を企てた。ブルトンのほかに文学のアラゴンエリュアール、美術のエルンストミロダリなどが代表的。超現実主義シュールリアリズム。シュール。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュール‐レアリスム
〘名〙 (surréalisme) 理性の支配を脱して、非合理なものや意識下の世界を好んで表現する絵画、詩などの芸術革新運動。第一次世界大戦後のフランスで、ダダイズムにつづいて起こり、フロイトの潜在意識とリビドーの理論、未開の心理、精神病者の知覚などをとり入れている。詩人ではフランスのブルトン、アラゴン、エリュアール、画家ではアルプ、エルンスト、キリコ、ダリなどの作品に代表される。超現実主義。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

シュールレアリスム
surréalisme (フランス)
第一次世界大戦後,ダダイスムに協力していたフランスの詩人ブルトンの「シュールレアリスム宣言」刊行によって始まった新芸術運動。「超現実主義」と訳す
ブルトンは「宣言」の定義で「理性によるいっさいの制約,美学上,道徳上のいっさいの先入観を離れた,思考の書きとり」と記している。フロイトの影響を受け,精神に内在する夢ないし潜在意識の世界を探究して,未知の美や真実を発見しようとした。ほかに詩人のアラゴン,画家のピカソ・エルンスト・ダリらが代表者である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュールレアリスム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュールレアリスムの関連情報

関連キーワード

グローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレードギガナビスナビスボロゲセス3世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation