@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ショウドウツバメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ショウドウツバメ
Riparia riparia; sand martin
スズメ目ツバメ科全長 12~14cm。日本に生息するツバメ類の最小種。過眼線より上の頭部背面,尾羽は褐色,腹面は白色で,胸に褐色の横帯がある。ユーラシア大陸と北アメリカ温帯冷帯に広く繁殖分布する。繁殖を終えると,アフリカのサハラ砂漠の南部や中央アメリカ,南部を除く南アメリカミャンマーからインドネシア北部,フィリピンなどに渡って越冬する。湖や河川,海岸などの付近に生息し,湖畔河岸,海岸などの砂層のに長さ 20~100cmの横穴を掘って営する。集団繁殖し,1ヵ所の営巣場所には 10~2000つがいが集まる。日本では北海道で繁殖しているが,本州以南では渡りのときに通過する旅鳥(→渡り鳥)である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ショウドウツバメ
しょうどうつばめ / 小洞燕
sand martinbank martin
[学]Riparia riparia
鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。同科ショウドウツバメ属3種中の1種。全長12.5センチメートル。ツバメ、イワツバメより小さい。背面、翼は灰褐色、下面は白色で、胸に灰褐色の帯がある。尾は、外側の羽がツバメ属の(えんび)ほど長くなく凹尾。ヨーロッパ、アジア、北アメリカに分布し、冬季はアフリカ中部、南アメリカ中部にも現れる。日本では北海道で砂層の崖(がけ)に集団で営巣するが、本州以南では旅鳥。晩夏に本州、九州の海岸、河岸などの広い湿原に群れをなして姿をみせる。飛翔(ひしょう)中の昆虫類を食べる。[坂根 干]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウドウツバメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ショウドウツバメの関連情報

関連キーワード

炭素14法炭素14法放射性炭素による年代測定炭素リビー公儀・公義殿中監

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation