@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ショート【しょーと】

デジタル大辞泉

ショート(short)
[名](スル)
物の長さ・距離・時間・期間などが短いこと。「ショートストーリー」「ショートリリーフ」⇔ロング
物が不足すること。「資金ショート
電気回路の電位差のある端子を、故意または過失で接触させること。短絡ショートサーキット。「配線盤ショートする」
野球で、遊撃。また、遊撃手ショートストップ
卓球で、コートに接近して位置し、相手の打球のバウンド直後にその球勢を利用して打ち返す打法。
ゴルフで、ボールが目標の手前で止まること。「パットがショートする」⇔オーバー
ショートスカート」「ショートヘア」「ショートタイム」などの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ショート
日本語では短絡。回路の途中で、絶縁されている部分が何らかの原因で直接接触し、瞬時に過大な電流が流れる。家庭ではブレーカーという器具で、この過大電流を切断する。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

ワイジェイFX用語集

ショート
売りポジションを保有している状態の事を言います。ドル/円で「ドルショート」という場合は、ドル売りのポジションを表します。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

FX用語集

ショート
ある通貨売り持ちにしている状態をいいます。たとえば、ドル/円で「ドルショート」という場合は、ドル売り・円買いを行なっていることを意味します。この場合、ドル安・円高が進むほど利益を得ることができます。ただし、為替取引においては、買っている通貨の金利を受け取り、売っている通貨の金利を支払うことになりますから、「ドルショート」の場合に、ドル金利のほうが円金利よりも高いと、ポジションを持っているあいだはその金利差に相当する部分がコストとしてかかることになります。したがって、金利が高い通貨をショートするときには、短期で取引を終えるようにしないと、金利コストによって利益を食われることになるので、注意が必要です。

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょーと【ショート】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ショート【short】
スル
短いこと。多く他の外来語に付いて短いという意を表す。 ⇔ ロング スカート パス
電気回路の二点間を直結したり、きわめて小さい抵抗でつなぐこと。また、絶縁不良などのため抵抗の小さい回路ができること。電気器具の破損や出火の原因になることがある。短絡。ショートサーキット。 古いコードが-した
卓球で、バウンドした直後のボールを打ち返す打法。
ショートストップの略。
娼婦などと、短く時間を区切って遊ぶこと。ショートタイム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ショート
short circuit
短絡ともいう。電気回路装置設備の一部が,絶縁不良などのため電気的に連結され,そこに大電流が流れ,回路,装置,設備が本来の機能を失うこと。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ショート
しょーと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ショート
(short)
[1] 〘語素〙 短いの意。「ショートトリップ」 〔外来語辞典(1914)〕
[2] 〘名〙
卓球で、台の近くに位置し、ボールがバウンドした直後、その球勢を利用して打ち返す打法。攻撃が早く意表をつくところに特長がある。短打法。
② 「ショートストップ」の略。〔新式ベースボール術(1898)〕
③ ゴルフで、ボールが目的の場所に届かず手前で止まることをいう。
④ 「ショートタイム①」の略。
※蛇と鳩(1952)〈丹羽文雄〉投機「早いとこショートかせいだね」
⑤ 「ショートカット①」の略。
※鴛鴦の間(1955‐56)〈舟橋聖一〉五「蔦子はショートにした頭を振るようにして」
⑥ (━する) 「ショートサーキット」の略。
※アメリカの科学・ソ連の科学(1957)〈茅誠司〉自動車で散歩する犬「衣紋掛けのかぎは金ですから、電気寒暖計に掛ければショートしてしまう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ショートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation