@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ショーペンハウエル

とっさの日本語便利帳

ショーペンハウエル
富は海水のようなものだ。多く飲めば飲むほど渇きをおぼえる。\ショーペンハウエル
ドイツ哲学者(一七八八~一八六〇)。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

ショーペンハウエル
(Arthur Schopenhauer アルトゥール━) ドイツの哲学者。認識論的にはいっさいを自分の表象とする観念論の立場をとり、形而上学的には真の実在は盲目的な生存意志であるとし、個人にとっては意志の不満と衝突が相継ぐ結果、苦痛に満ちた人生を送らざるを得ないという厭世観(えんせいかん)を主張した。この苦痛から解脱する道は、個別的意志を超える芸術活動か、意志を否定し去る境地に達するしかないと説いた。主著「意志と表象としての世界」。(一七八八‐一八六〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ショーペンハウエル
Arthur Schopenhauer
1788〜1860
ドイツの哲学者
ベルリン大学でフィヒテ講義をきいて失望。ヴァイマルでゲーテと交わる。1820年ベルリン大学講師となったが,ヘーゲル名声の影響で聴講者がなかったため翌年辞任し,以来,在野学者として過ごした。彼の哲学は,カントの認識論に出発し,プラトンおよびインドのヴェーダ哲学の影響を受け,観念論・汎神論・厭世観を総合した「生の哲学」を説いた。その思想は19世紀末の厭世思想,特にニーチェに大きな影響をおよぼしている。主著意志と表象としての世界』。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ショーペンハウエル
しょーぺんはうえる

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショーペンハウエル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ショーペンハウエルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation