@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シロサバフグ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シロサバフグ
Lagocephalus spadiceus
フグ目フグ科の海水魚。全長 35cm内外。体はやや細長い。背側は緑黄がかった淡褐色から淡灰色,腹側は銀白色尾鰭の上下両端が白い。体の背腹両面に小棘がある。背面の小棘域は背鰭の起部付近まで達しない。フグの仲間ではあるが全身無毒。日本から東南アジア,オーストラリア北部に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シロサバフグ
しろさばふぐ / 白鯖河豚
[学] Lagocephalus wheeleri

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。鹿児島県以北の日本沿岸、台湾と中国の沿岸および東シナ海に分布する。全長35センチメートルに達する。体の背面と腹面に小棘(しょうきょく)があり、背面の小棘は背びれの起部に達しない。尾びれはわずかに湾入する。体色は背側が緑黄色で、腹側は銀白色。産卵期は5月ごろで、卵は沈性粘着卵。沿岸の底層に生息する。本種は従来サバフグL. spadiceusとされていたが、最近の研究によって別種であることが判明し、名が変更されたものである。本種は無毒で干物にされている。

 本種に似た近縁種のクロサバフグL. gloveriは、九州から北海道南部の太平洋側に分布し、西太平洋からインド洋海域でもみられる。この種は体色が全体に暗色で、尾びれの後縁中央部が突出するのでシロサバフグと区別できる。クロサバフグは中層に生息し、日本近海に産するものは無毒であるが、南シナ海に産するものでは肉に弱毒があり、中国では卵巣と肝臓に猛毒をもつといわれている。また、シロサバフグとクロサバフグに似たドクサバフグは、東シナ海以南に分布し、内臓のほか肉にも猛毒がある。

[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロサバフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シロサバフグの関連情報

関連キーワード

ダックスフンドミズネズミ(水鼠)ノンステップバスアルマジロイセエビウサギギクウミグモカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation