@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シロンスク

デジタル大辞泉

シロンスク(Śląsk)
ポーランド南西部を主とし、ドイツ・チェコの一部にまたがる地域。石炭鉄鉱亜鉛などの産地で、工業が発達。ドイツ語名、シュレジエン。英語名、シレジア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シロンスク【Śląsk】
ポーランド南西部,オーデル(オドラ)川上中流に広がる地方名。ポーランド経済,とくに鉱工業の大中心地。シロンスクの大部分はポーランドに属するが,一部はチェコスロバキア領となっている。チェコ名はスレスコSlezsko。ドイツ文化圏で発展した地方で,その影響は都市の建造物その他にうかがわれる。ドイツ名はシュレジエンSchlesien,英語ではシレジアSilesia。 地形的には,南はズデーテン山地とベスキド山地を境とし,東はクラクフ・チェンストホバ高地によってガリツィア地方に接する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シロンスク
しろんすく
Śląsk

ポーランド南西部、オドラ(オーデル)川中・上流に広がる地方名。大部分はポーランドに属するが、一部はチェコ領で、チェコ語名をスレスコSlezskoという。英語名をシレジアSilesia、ドイツ語名をシュレージエンSchlesienといい、第一次世界大戦まではドイツ領であった。ドイツ文化の影響下に発展したようすは、都市の建造物などにもうかがわれる。南はスデティ山脈とベスキド山脈を境界とし、東はクラクフ・チェンストホバ高地によってガリツィア地方に接する。ブロツワフ(ブレスラウ)を中心とする下シロンスクは、肥沃(ひよく)なオドラ川中流域の平野とスデティ山脈の北斜面からなり、ジャガイモ、小麦、大麦、ビート(サトウダイコン)などを産し、畜産も盛んである。カトビーツェを核とする上シロンスク工業地帯は、19世紀末以来、炭田開発が急速に進み、鉄鉱石、亜鉛などの豊富な資源を基礎に重要な工業地域に成長した。第二次大戦後、上シロンスクの工業都市アグロメレーション(集積地域)は、つねにポーランド経済にもっとも重要な役割を果たしている。

[山本 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シロンスク
(Śląsk) 中部ヨーロッパの地方名。ポーランド南西部からチェコのズデーテン山脈南側のふもとを含めるオーデル(オドラ)川の上・中流域をさす。中世以来、東欧列国の係争の地で、一九一九年まではドイツに属した。石炭・鉄鉱石・亜鉛などの地下資源が豊富で、ポーランド最大の重化学工業地帯を形成している。ドイツ語名はシュレジエン。チェコ語名はスレスコ。英語名はシレジア。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シロンスク
シュレジエン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロンスク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シロンスクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation