@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シワ

世界大百科事典 第2版

シワ【Siwa】
エジプト西部,リビア砂漠の中央部に位置するオアシスの町。住民は約3500人。古代エジプトではタThaもしくはタイThayと呼ばれていたらしい。ヤークート地理書によると,中世にはサンタリーヤSantarīyaと呼ばれ,エジプト最西端のオアシス都市で,住民のほとんどはベルベルであると記されている。砂漠の中の町としてのほかに,この町は海面下約30mという特徴があり,付近にはたくさんの塩湖が散在し,大低地地帯を形成している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シワ
しわ
Siwa
エジプト北西部、リビア砂漠の北辺にあるオアシス都市。地中海岸から内陸へ200キロメートル、リビアとの国境に近いカッターラ低地の西に位置する。人口4999(1976)。東西160キロメートル、南北20キロメートルの盆地をなし、最低所は海面下27メートルである。200の湧泉(ゆうせん)からの水で最良質のナツメヤシ50万本が栽培されるほか、オリーブ、オレンジ、野菜も栽培される。エジプトからリビアへの交通路に位置し、古くから栄えたオアシスで、古代神殿の遺跡もある。[藤井宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シワ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シワの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation