@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンガポール条約【シンガポールジョウヤク】

デジタル大辞泉

シンガポール‐じょうやく〔‐デウヤク〕【シンガポール条約】
《「商標法に関するシンガポール条約」の略称商標出願手続きの国際的な統一と簡素化を図るための条約。2006年にシンガポールで開催されたWIPO(世界知的所有権機関)の外交会議で採択。2009年発効。2017年7月現在の締約国は46か国。日本は、平成28年(2016)3月加盟、同年6月発効。STLT(Singapore Treaty on the Law of Trademarks)。
[補説]1994年にジュネーブで採択された商標法条約を改定したもので、電子的手段による出願への対応、商標使用権等の登録手続の共通化、手続期間を守れなかった場合の救済措置に関する規定などが加えられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポール条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンガポール条約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation