@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンガポール植物園【シンガポールショクブツエン】

デジタル大辞泉

シンガポール‐しょくぶつえん〔‐シヨクブツヱン〕【シンガポール植物園】
Singapore Botanic Gardenシンガポール、市街中心部にある植物園。1859年開園。第二次大戦中の日本占領下では昭南植物園とよばれた。交配種も加え3000種以上のランを集めた国立洋ラン園、山岳地帯を再現した冷温室、同園の前身にあたるショウガ園などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シンガポールしょくぶつえん【シンガポール植物園】
1859年に設立され,約35haの地域に熱帯植物植物学・園芸学の研究材料が栽培されている。この地域の植物の研究にとって重要な拠点であったし,またランの人工交配などにも大きな成果を上げてきた。日本占領時代には昭南植物園とよばれ,植物学者郡場寛((こおりばかん),1882‐1957)が園長を務めたこともあった。現在では3000種に及ぶ野生種と,交配などによって作られた多数の栽培種をもっている。付設ハーバリウムには,アジアの熱帯のものを中心に,50万点をこえる腊葉(さくよう)標本が収蔵されており,図書室にも充実した蔵書が集められている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

シンガポールしょくぶつえん【シンガポール植物園】
シンガポールの中心部近くにある植物園。52haの園内には、熱帯植物の原生林のほか、同国の国花である2万本のランが咲く国立蘭園、ジンジャーガーデン、エボリューションガーデンなどがある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガポール植物園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンガポール植物園の関連情報

関連キーワード

世界のおもな植物園シンガポール(国)SGXシンガポールIABGアデレード植物園ウェリントン植物園クライストチャーチ植物園ペナン植物園サーシーウィーサガーラングーラム植物園

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation