@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンクロサイクロトロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シンクロサイクロトロン
synchrocyclotron
加速器の1種で,大型磁極間で円運動する荷電粒子に高周波電場を加えて繰返し加速する装置。サイクロトロンと似ているが,高速では粒子の質量が増大し,磁場内の荷電粒子の円運動の周期は質量に比例して増加する。これに従って高周波電場の周波数を変調して,粒子が電極間を通過するときに必ず加速する向きの電場が加わるようにする。これにより陽子では数百 MeVまで加速される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シンクロサイクロトロン(synchrocyclotron)
サイクロトロンを改良した加速器の一。加速された粒子の質量が相対論的効果によって増加するために起こる高周波電圧との周期のずれを、周波数を変調することによって取り除くもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんくろさいくろとろん【シンクロサイクロトロン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

シンクロ‐サイクロトロン
〘名〙 (synchrocyclotron) 高周波の周波数を変調して加速させるよう工夫した加速器。サイクロトロンは、磁界の中央でつくった荷電粒子を、その磁界内で行なう円運動の周期に同期させて、高周波電界で加速するが、その速度が光速度に近づくと、その同期性がくずれて加速できなくなる。この欠点をなくすためのもの。〔原子力(1950)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

シンクロサイクロトロン
シンクロサイクロトロン
synchrocyclotron

FMサイクロトロンともいう.frequency-modulated(周波数変調)の略称.基本的にはサイクロトロンであるが,イオンの加速に応じて,加速電極にかかる高周波電圧の周波数を連続的に変化させて同期をとるのでこの名称がついた.“同期”(in phase)の意味からファゾトロン(phasotron)ともよばれる.これに対して,通常のサイクロトロンを,周波数一定(fixed-frequency)なところから,FFサイクロトロンともいう.イオンの速度が増すにつれて,その質量が相対論的に大きくなるため,回転がしだいに遅くなり,加速電圧の周波数とのずれが生じて加速できなくなる点を改良したサイクロトロンである.1944,1945年に,カリフォルニア大学Lawrence Berkeley LaboratoryのE.M. McMillan(マクミラン)と当時ソビエトのDubna Joint Institute for Nuclear ResearchのV.I. Vekslerは,互いに独立に位相安定の原理を発見したが,これによってシンクロサイクロトロンやシンクロトロンなどの実現が可能となった.位相安定の原理とは,電界の位相とイオンの運動の周期との食い違いがある一定の範囲内にあれば,このずれがしだいに小さくなる方向に作用するというものである.旧ソビエトPNPI(Petersburg Nuclear Physics Institute)の1967年に運転を開始した1 GeV シンクロサイクロトロンが世界最大である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シンクロサイクロトロン
しんくろさいくろとろん
synchrocyclotron

加速器の一種。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンクロサイクロトロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンクロサイクロトロンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation