@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンセサイザー

デジタル大辞泉

シンセサイザー(synthesizer)
電子回路を用いたの合成装置。種々の音を合成することができ、多く鍵盤を備えた楽器として使用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シンセサイザー【synthesizer】
ミュージック・シンセサイザーmusic synthesizerの略。いろいろな音を奏者の意図に応じて合成できる回路網をもち,音楽の演奏ができる特殊な電子楽器。ステージでの生演奏に向くポータブルのものから,スタジオに設置して複雑な手法で用いるものまで多種多様のものがある。機能に特定の限定が設定されているものではないが,最小構成機能としては電圧制御発振器(VCO),電圧制御フィルター(VCF),電圧制御増幅器(VCA),エンベロープ電圧発生器(Env),音階電圧発生器があげられる(図)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シンセサイザー
しんせさいざー
(music)synthesizer

通常の楽器が特定の音の性格をもつのに対し、その名(「合成するもの」の意)のとおり、電子技術を利用してあらゆる音を自由に合成することを意図して考案された楽器。電子オルガンなどの電子楽器は音色その他の要素があらかじめセットされているのに対し、シンセサイザーはすべての要素を自由に調節できる点が異なる。シンセサイザー単独での使用だけでなく、従来の楽器とともに使われることも多い。

[前川陽郁]

歴史

シンセサイザーの源流は、1906年にアメリカのサディウス・ケーヒルThaddeus Cahill(1867―1934)が発表した「テルハーモニウム(ダイナモフォン)」にまでさかのぼることができる。これは抵抗器で倍音を調節できる仕組みになっていた。現在のようなシンセサイザーは、1950年代にアメリカRCA社から発表された、ハリー・オルソンHarry F. Olsen(1901―1982)らが製作したものが最初で、すでに「シンセサイザー」の名がつけられていたが、パンチ孔(あな)をあけた紙テープを入力に使用するなど、実験的な面が強かった。1960年代には、ドナルド・ブックラDonald Buchla(1937― )やロバート・モーグRobert A. Moog(1934―2005)らによって、実際の音楽に使用する楽器として実用的なものが開発された。とりわけ、モーグが1965年に商品化した「モーグⅢCシンセサイザー」を使って、作曲家ウォルター・カーロスWalter Carlos(1939― 、後のウェンディー・カーロスWendy Carlos)が制作した『スイッチト・オン・バッハ』(1968発表)によって広く注目されるようになった。日本では、冨田勲(とみたいさお)や喜多郎(きたろう)らによって一般化した。

[前川陽郁]

原理

実用化された当初のシンセサイザー(アナログ・シンセサイザー)は、基本的には、(1)加工する元になる信号を発生させる部分、(2)その信号の倍音を加減する部分、(3)音に時間的な音量変化(エンベロープ)を与える部分、の三つによって音を「合成」する。原理的にはどのような音でもつくれるとはいえ、現実的な制約から「シンセサイザーの音」にとどまりがちであったが、そのいわば「シンセサイザー臭さ」が一つの魅力にもなった。操作が複雑で、場合によっては多重録音を必要とするといった短所もあったが、技術の進歩によってやがて改善されることになる。1980年代にはデジタル技術が音づくりに取り入れられ、また、ほかの楽器などの音をデータ化(サンプリングsampling)し、それを多くの場合加工して用いることも主要な技術になる。それによって、既存の楽器の音を模倣するにしても、あるいはそれまでにはない新しい音をつくり出すにしても、より多彩で、電子技術によっていることをかならずしも感じさせない音を、高い自由度でつくることができるようになった。

[前川陽郁]

演奏法

シンセサイザーは、鍵盤(けんばん)を備えた形態が一般的だが、電気信号によって制御していることから、鍵盤によるのとは別の演奏法を行ったり、複数のシンセサイザーを同時に演奏することが可能であるばかりでなく、自動演奏にも適している。演奏する音をあらかじめ設定しておいて、それにしたがって電子楽器から音を出すシーケンサーsequencerは、初期のころからシンセサイザーとともに(あるいは内蔵されて)用いられ、その記憶容量が増えるにしたがって、複雑な音楽を自動演奏することが可能になった(演奏の情報を前もって入力しておくところから「打込み」とよばれる)。制御方法は、初めはメーカーによってまちまちであったが、1982年に統一規格であるMIDI(ミディ)(Musical Instrument Digital Interfaceの略)が制定され、電子楽器どうし、あるいは周辺機器との自由な組合せができるようになった。

[前川陽郁]

コンピュータの利用

さらに、パーソナルコンピュータが普及するにつれて、パソコンでシンセサイザーの音源(音源の機能までコンピュータが受け持つソフトウェア・シンセサイザーもある)を制御して音楽を制作、演奏するデスクトップ・ミュージック(DTM)も、音楽へのかかわり方の幅を広げている。1992年にはMIDIに音色に関する規格を加えたGM(General MIDI)規格が取り決められた。そのもとでは、再生する機器が異なっても、同じデータからは基本的に同じ結果が得られるため、音楽をMIDIデータのかたちでインターネットなどによって配信することが可能になり、また通信カラオケで使われるなど、音楽の新しいあり方をもたらしている。

[前川陽郁]

『H・A・ドイチュ著、梯郁太郎訳『シンセサイザー――その革命の歴史と理論』(1980・パイパーズ)』『新井純編著『シンセサイザー・セオリー』(1988・新人社)』『古山俊一著『シンセサイザーここがポイント 2』(1990・音楽之友社)』『安斎直宗著『シンセサイザーの全知識』(1996・リットーミュージック)』『田中雄二著『電子音楽イン・ジャパン 1955~1981』(1998・アスキー)』『梯郁太郎著『ライフワークは音楽――電子楽器の開発にかけた夢』(2001・音楽之友社)』『古山俊一著『はじめてのシンセサイザー』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シンセサイザー
〘名〙 (synthesizer 「統合、合成するもの」の意) 電子回路を用いた音の合成装置。多く、鍵盤を備えた楽器として使用される。〔マイ・コンピュータ入門(1977)〕
※吉里吉里人(1981)〈井上ひさし〉終章「当世風にエレキサウンドやシンセサイザーにしなかったところが大手柄だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンセサイザー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンセサイザーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation