@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シントマールテン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シントマールテン
Land Sint Maarten
西インド諸島東部,小アンティル諸島北部にあるオランダ自治領。首都フィリップスブルフサンマルタン島の南側 3分の1を占める。サンマルタン島の北側 3分の2は,フランス海外準県サンマルタン。内陸部は山がちで,沿岸部には潟湖塩田砂州が点在する。気候は一年を通じ温暖,降水量は季節を問わず中程度。クリストファー・コロンブスが 1493年に発見するまでは先住民のアラワク族とカリブ族が居住していた。1648年にオランダ領とフランス領に分割され,オランダ領は 1828年にオランダ領西インド諸島となり,1845年にほかの五つのオランダ属領と統合された。1954年,これら 6島はオランダ領アンティルと名称を改め,内政自治権を有するオランダの自治領となった。2010年10月,オランダ領アンティルの解体に伴い,単独でオランダ自治領となった。経済は観光への依存を高めつつある。毎年 4月に何日も続くカーニバルが開催される。面積 34km2。人口 3万8300(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シント‐マールテン(〈オランダ〉Sint Maarten/〈英語〉Saint Martin)
西インド諸島東部、小アンティル諸島北部に位置するセントマーチン島の南部を占めるオランダの自治領。1648年にオランダ人が入植。1954年にオランダ領アンティルの一部となるが、2010年にアンティルは解体し、単独の自治領となった。主要産業は観光。中心地はフィリップスブルフ。面積34平方キロメートル、人口3.9万人(2012)。→サンマルタンSSS諸島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シントマールテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シントマールテンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation