@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シンハラ人【シンハラじん】

世界大百科事典 第2版

シンハラじん【シンハラ人 Simhala】
スリランカの多数民族。名称はシンハラ語で〈獅子子孫〉を意味する。人口は1099万(1981),総人口1485万中74%を占める。5世紀ころに記されたシンハラ王朝の《マハーバンサ(大王統史)》では,北インドで父親のライオン(シンハ=獅子)を殺して王位についたシンハバーフ王の長男ビジャヤVijayaが,700名の部下とともに母国から追放され,スリランカ島に漂着した。同じ日に釈迦涅槃に入ったとされ,シンハラ王朝と仏教との結びつきが強調されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

シンハラ人
シンハラじん
Sinhalese
スリランカの多数民族。シンハラは“獅子の子孫”の意
スリランカの人口の7割強を占め,ほとんどが上座部仏教徒。1977年以降,シンハラ人の統一国民党が政権を担当しており,ヒンドゥー教徒で少数民族のタミル人との対立を続けている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンハラ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シンハラ人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation